“男のハワイ”におすすめしたいハワイグルメ5選。

  • 2022.06.13 2019.07.31
  •              

ハワイは何も家族旅行や女子旅の聖地にはあらず。男だってショッピング、アクティビティ、そしてグルメも満足できる夢の楽園だ。せっかくの「アメリカ」、男目線でグルメ選びをしたいと思いませんか? そこでメンズライフスタイルマガジン『Lightning』編集部がハワイ取材の最中に訪れた、グルメショップを厳選して紹介する。ぜひ、参考にしてみてもらいたい。

1.『オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット』のポケボウル

店内にはイートインスペースもあり、ポケ丼目当てにロコから観光客まで幅広く訪れる。

オアフ島の中心であるワイキキからクルマで約15分。ハワイ大学のある緑豊かな山中にある住宅地・マノアにある『オフ・ザ・フック・ポケ・マーケット』はローカルフード「ポケボウル」の店。

新鮮なアヒ(マグロ)を使ったアヒ・ポケは定番中の定番。

ロコには「ポケ」と呼ばれ、日本人には「ポキ」のほうが馴染み深いだろうか。日本で言えばマグロ漬け丼のことで、自家製醤油に付け込んだスパイシーアヒや、コールドジンジャーアヒが人気。好みの具材を選んでお米で食す、これを最高を言わずしてなんと言う。ワイキキの喧騒を離れ、テイクアウトして店先のチェアでのんびり食べることができるのも嬉しいところだ。レギュラーは$11.99。

 

【DATA】
Off the Hook Poke Market
2908 East Manoa Rd., Honolulu HI 96822
TEL(808)800-6865
営業/11:00~18:00
休み/日曜

2.『レアヒ・ヘルス』のコンブチャ入りスムージー

テラス席はハワイのカラッとした風を感じながらブレイクできる特等席だ。

ヘルシー志向なメニューを好み、善玉菌とか気になってしまう男の味方がここ『レアヒ・ヘルス』。ワイキキからクルマで約15分の、昔ながらのオールドタウンであるカイムキエリアにあるスタンド式スムージーショップだ。

ハワイを訪れると妙に飲みたくなる代表格のスムージー。

店主が毎朝ファーマーズマーケットで仕入れた、ケールやアサイーなど新鮮な野菜を使ったものから、コンブチャ(お茶を発酵させたドリンク)入りなど様々なスムージーを楽しめる。自分の好みに合わせたオリジナルブレンドも可能なので、ぜひカスタムしてみよう。基本はテイクアウトだが、軒先にテーブルも用意されているのでカイムキ散策の休憩にも最適だ。ドリンクは$7~。

 

【DATA】
Leahi Health Kaimuki
3441 Waialae Ave., Honolulu, HI 96816
TEL(808)388-4181
営業/8:00~17:00、日曜10:00~15:00
休み/なし
http://www.leahihealth.com/

3.『フォーティナイナー』のローカル飯

ローカル感が漂う、これぞロコ愛用の店。

ワイキキのオシャレな雰囲気のレストランもいいけれど、ローカル飯を食すにはやはりローカル感漂う店を選びたい。ワイキキからクルマで30分、バスで1時間とかなり遠いエリアにあるが、その昔、某テレビ番組の汚いけれど旨い店を選ぶ企画で三ツ星を獲得した『フォーティナイナー』がまさにそれ。

ボリュームたっぷりなので仲間とシェアしてもいいだろう。

ローカル感たっぷりの店内で食べたいのが定番のロコモコ($9.55)と名物のバナナフレンチトースト($8.75)。旧きよきアメリカンレストランの空気を味わいながら食べるローカル飯は格別の味わいだ。

【DATA】
Forty Niner Restaurant
98-110 Honomanu St., Aiea, HI 96701
TEL(808)484-1940
営業/7:00~20:00、金・土曜~21:00、日曜~14:00
休み/なし

4.『アリイ・コーヒー・カンパニー』の自家焙煎コーヒー

店内には香しいコーヒー豆が焙煎される匂いが漂う。

普段はしていないくせに、妙にランニングやヨガ、SUPなど有意義に過ごしたくなるハワイの朝。さらには、こだわりのコーヒーを味わいたいなと、誰しもが思うはず。ダウンタウンにある『アリイ・コーヒー』は店頭でコーヒー豆をローストするハワイでも数少ない店で、自家焙煎コーヒーが楽しめるとあってロコにも人気だ。

ヘルシーな軽食も人気。

タロイモ、キノア、ウベといった、ヘルシーな食材を使ったフードメニューも好評で、イチ押しはケール・ビーツ・サラダとアボカドトースト。食べただけで最高の朝になること請け合いだ。

【DATA】
Ali’i Coffee Co.
35 S. Beretania St., Honolulu, HI 96813
TEL/(808)532-7928
営業/6:30~14:30、土曜8:00~14:30
休み/日曜
https://www.aliicoffee.com/

5.『グランマズ・キッチン』のカラマリフリット

カラマリ(イカ)のフリットはビールのつまみに最適だ。

ロコが愛するローカル飯が食べられる、オールドタウン・ホノカアの名店。昔ながらのハワイ料理やアメリカ料理を提供してくれるダイナーだ。カラマリ(イカ)フリットをはじめ、クセになる旨さのメニューを豊富にラインナップ。いつ訪れてもロコと観光客で大混雑の人気店なので、余裕をもって訪れたい。

どれも日本人の舌になじみある味つけ。

【DATA】
Gramma’s Kitchen
45-3625 Mamane St., Honokaa, Island of Hawaii, HI 96727
TEL(808)775-9943
営業/8:00~15:00
休み/日曜
https://grammaskitchenia.com/

▼こちらの記事もおすすめ

Lightning編集部おすすめ! 人気急上昇中ハワイのローカルフード厳選5店。

Lightning編集部おすすめ! 人気急上昇中ハワイのローカルフード厳選5店。

2021年10月24日

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2019年4月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア