小型バイクに熱視線! なぜいまアンダー200cc !?

  • 2022.10.21 2022.05.18
  •              

何かと人に接しづらい世の中になっている。食事や仕事のみならず、休日の移動やレジャーでも、距離を保ち、人に接しないようにしている人は多い。そんな中で注目されているのが、バイクや自転車。人に接しない移動手段として選ぶ人が増えているという。バイクはここ10年余りで駐車スペースが規制され、特に都心部では駐輪場が少ないことも手伝ってか縮小傾向にあったはずだが、人気モデルは新車の供給が追いつかないほどに売れていると聞く。しかも、200cc以下の小型バイク、原付2種などが特に注目を集めている。

手に入れたのはCD125T(Benly)。車体は重いが、燃費はいい。

かくいう私も写真のCD125T(Benly)を1年程前に購入した。これがなかなかの優れもの。車体番号などから確認すると、’80年代後半の個体なのだが、丸みを帯びた前後のフェンダーやクロームメッキに象徴されるようにビンテージバイクらしい面構えを持ち、4万キロほどを走行しているものの、セルで一発始動! オーバードライブ付きの5速は交通の流れにしっかり乗れる。また、スーパーカブなどと同じロータリー式の変速機なので、高級紳士靴も傷つけず、極端に言えばサンダルでも乗れてしまう(転倒時の怪我などが危ないので絶対ダメ!)。休日はこれに乗って近所のコーヒーロースターに豆を購入しに行くのが、ルーティーンだ。ビジネスバイクとしての堅牢度を備えているため車体は重いが、燃費だっていい。原付2種が人気というのも頷ける。

では、小型バイクが人気の理由は何なのか。自分なりに考えてみた回答が以下だ。

  • 短中距離での移動のしやすさ
  • 維持費の安さ
  • 人気モデルの登場

幹線道路などでも交通の流れに乗れるパワフルさを持ちながらも、コンパクトな車体。高速道路には乗れないため長距離移動には向かないが、短中距離であれば、250cc以上の中型や大型バイクと移動時間は変わらない。

また、維持費はというと、自賠責や任意保険、軽自動車税に加えて、燃料代を入れたとしても、10〜15万/年でお釣りがくると思っていていい。

つまり、移動にもお財布にも「気軽」なのが、小型バイク最大のメリット。さらに、ハンターカブやクロスカブといった人気モデルの登場も手伝って、トレンドは一気に加速。さる3月には小さな車体と50ccの排気量で人気を博したダックスから、125ccの新車が登場した。まだまだこのトレンドは収まらないだろう。

いまはまだエンジンオイルの交換程度しか行っていないが、家で過ごす時間が増えていることもあり、少しずつゆっくりとメインテナンスやカスタムなどをしていこうと思っている。まずは破れているシートやタンデムシートを購入し、車体を綺麗に磨いて、できれば純正の風防も探したい……夢は広がるばかりだ。自分で手を入れやすいこともバイクや自転車のいいところ。おうち時間を有効に、そして気軽にバイクを楽しむ選択肢として、アンダー200ccの小型バイクはいかがだろうか。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア