知る人ぞ知る国産ダイバーズの個性派モデル。|1960s WEEKLY AUTO ORIENTKING DIVER Ref.T19410

  • 2024.06.02

モデルによってはその市場価格が急上昇する場合もあり、最近では世界的に投機の対象にもなっているヴィンテージウォッチ。その中から、いま欲しいと思うモデルや市場で注目されているモデルを紹介。今回は世界的にも注目を浴びている国産のダイバーズウオッチを取り上げる。

WEEKLY AUTO ORIENT KING DIVER Ref.T19410

WEEKLY AUTO ORIENT KING DIVER Ref.T19410 198,000円

今回ピックアップするのは、世界中にコレクターが存在する国産ダイバーズウォッチ。その筆頭はSEIKOであるが、通な存在として知られているのが、ORIENTのウィークリーオートオリエントキングダイバーである。

当モデルは、1965年に発売されたブランド初のインナー回転式ベゼルを備えた防水時計。1969年にはスリーエースキングダイバーにモデルチェンジされるので、非常に短命なモデルでもあった。

ウィークリーたる由縁は、6時位置に設けられた日本語の曜日表記。海外モデルは欧文となるのもおもしろい。ケース径43ミリと大きく、インパクト大。2020年には復刻されている。

キングダイバーの初期はアローハンドで、それがアイコニックな存在であるが、こちらはいわゆるタコ針が使用されている。また文字盤のデザインが3種類あるが、夜光ドットの仕様がもっともスタンダード
囲みのあるデイト表記や焼けたトリチウムのエイジングなど、ヴィンテージウィークリーの醍醐味が詰まる

【DATA】
SWEETROAD Kawasaki
川崎市幸区南幸町2-21  シノックスプラザ1F
Tel.044-544-8177
営業/11:00~7:00
休み/月曜
https://sweetroad.co.jp/

※情報は取材当時のものです。

(出典/「CLUTCH2024年5月号 Vol.95」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部