至極のスウェットは、FULLCOUNTの飽くなき追求から生まれる。

FULLCOUNTのモノづくりへの執着がカタチにした、贅沢な吊り裏毛のスウェット。まるで1940~’50sに生産されたアメリカのスウェットのような、ふっくらとした風合いと最高の着心地を誇る。これは日本の和歌山県にのみ現存する、旧式の吊り編み機で製作したプロダクツだ。素材は全てジンバブエコットンで裏毛部分は無染色、そして表地部分は先染めの糸を使用しており、時間とコストを惜しまず、全ての工程で旧式のマシンを使うことでしか得られないモノづくりとなっている。

旧式のマシンを使うスウェット作りの工程を見てみよう。

ボディを編み立てる際、裏地側が外に向いているため、この裏地の状態から表地がしっかり編まれているか、吊り編み機を熟知した経験豊富な職人が自らの手の感覚で確かめていく。

日本で数えるほどしか稼働していない吊り編み機の工場。1日の生産量が約10メートルと非効率な機械ではあるが、ふっくらとしたスウェットの風合いはこれでしか実現できない。

旧式の吊り編み機を使い時間を掛けて編み立てられた丸胴のボディ。ゆっくりと編まれることで空気を多く含むので、編み上がった状態でもふっくらとした質感がよくわかる。

最盛期には世界中で稼働していた吊り編み機だが、シンカー編み機の登場によりその数は大幅に減少していく。現代では稼働可能な編み機は全て日本の和歌山県に存在するのみ。

FULLCOUNT代表の辻田幹晴氏が思い描く理想のスウェット。それを実現することにこだわった結果、100年以上前の吊り編み機に辿り着いたという。

通常のスウェットは後染め(製品で染める)のために裏毛部分も染まってしまうが、FULLCOUNTでは先染めの手法を選んでいる。その為、生産に時間とコストも多くかかってしまう。

1900年代初頭から稼働するアナログな機械のため、編み機自体を職人が一つひとつ手作業で調整していく。機械をリペアする際も部品取り用のマシンを確保しなければならない。

吊り編み機の上部には生地を構成する糸がセットされ、糸に過度なテンションをかけず、糸をリラックスさせた状態でゆっくりと吊り編み機に送り、丁寧に生地を編みあげていく。

吊り編み機の裏毛は時間をかけて編地に沿うように一定方向に毛立たせている。それによりジンバブエコットンのソフトな肌触りを直で楽しむことができる吊り裏毛となる。

そうして出来上がったアイテムを紹介!

Double V Set In Sleeve Mother Cotton
[#3741 / ¥20,680_]

Sweat Pants Mother Cotton
[#3743 / ¥22,880_]

After Hood Sweat Shirt Mother Cotton
[#3745 / ¥26,400_]

After Hood Sweat Shirt Mother Cotton ‘2Tone’
[#3752 / ¥30,800_]

After Hood Sweat Shirt Mother Cotton
[#3745-Bronzed / ¥38,500_]

Double V Set In Sleeve Mother Cotton
[#3741-Bronzed / ¥34,980_]

【問い合わせ】
FULLCOUNT TOKYO SHOP
TEL03-6804-6541
http://www.fullcount-online.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「CLUTCH2022年2月号 Vol.83」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。