あの名作靴のリアルな履き心地、教えます

  • 2021.11.01 2016.04.09
  •              

一度は履いてみたい名作靴。
名作と言われるくらいだから、きっと素晴らしいクオリティを持っているんだろう。
でも、そうお安い買い物ではないから、実際の履き心地や特徴を事前に知ることができればな……。
今回、その悩みを解決するべく、リアルユーザーを直撃。
オススメの名作靴と理由を教えてもらった。

1.Viberg Bootのハイカー

まずは二子玉川の近くにある隠れた名店「Barley Harvest Season Store House」へ。
アメリカや日本の、良質&カジュアルなアイテムが並ぶ。
オーナーの塚田肇さんに、好きな靴について話を聞いた。
塚田さんおススメは、Viberg Bootのハイカー。
名作靴-1-1200
名作靴-2-1200
ベルト¥18,360_/Martin Faizey、パンツ¥28,080_/MOJITO x Barley Harvest Season(以上Barley Harvest Season Store House Tel.044-299-8588)
その他本人私物
≪SHOES DATA≫
愛用10年
UK7.5
修理無
1931年創業のカナダのワークブーツブランドViberg Boot。創業時から北アメリカのワーカーに広く支持されており、近年はファッション性も兼ね備えたモデルを展開する。もちろん品質はそのまま。
ラフアウトを使用したハイカーは見るからに堅牢でオーセンティック。軽くて雨に強いステッチダウン製法を採用している。
「アッパーを1枚革で作っているため、丈夫だし包み込まれているような履き心地です」
さり気なくベルトとシューレースの色を合わせている点がオシャレ。

Viberg Boot愛用者はこちらにも

Vibergは原宿の頼れるセレクトショップ「Aeropostale」の菜花淳仁さんも愛用。ボリューミーなサービスブーツだ。厚めのクロムエクセルレザーにビブラム♯700ソールを装備。
名作靴-3-1200
名作靴-4-1200
カットソー¥12,960_/Anachronorm(Aeropostale TEL03-3404-5565)その他本人私物
≪SHOES DATA≫
愛用6年
UK8.5
修理無
「履き始めから足に馴染むのは早かったです。見た目によらず軽量で歩きやすい。全体的にイイ顔していて気に入っています」
Anachronormのウエアを中心に、ゆったりめなサイジングのコーディネイトをブーツで引き締め。

2.WescoのBoss

そして名作靴といえばWescoのBoss。1918年にオレゴン州で創業したワークブーツブランドWesco。一生履けるクオリティをもち、購入時から修理のタイミングまで、きめ細やかなカスタムオーダーに対応してくれる。
そんなWescoを代表するBossは、バイカーはもちろん、著名人やファッション業界人にもファンの多いブーツだ。
愛用者はこの方。クラシックなヴィンテージウエアをソースに、当時の雰囲気を損なうことなくアレンジしたウエアが人気のTrophy Clothingの江川真樹さん。限定リリースされたナロータイプのBossを愛用中。
名作靴-5-1200
名作靴-6-1200
名作靴-7-1200
ジャケット¥103,680_、シャツ¥20,520_、パンツ¥18,360_、ハット¥19,440_/すべてTrophy Clothing(Trophy General Store TEL03-6805-1348)
≪SHOES DATA≫
愛用5年
US10
修理有
「バイクに乗る時に履いています。ナローはクラシックな面持ちですが、見た目よりもワイズはきつくありません。シャープであらゆるボトムスに良く合います」
ちなみにバイクに乗らない時はWhite’s Bootsのセミドレスを愛用中。
上品なフレンチカーフとレザーソールを使用したドレッシーな1足。
名作靴-8-1200
≪SHOES DATA≫
愛用4年
US9.5
修理有
上記はRed WingやAlden、Church’s、Parabootなど世界の名作靴レビューを集めた『傑作シューズ オールインプレッション』に掲載している。他のワークブーツやドレスシューズが気になる人は、ぜひこちらもチェックしてほしい。
『傑作シューズ オールインプレッション』
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/lightning-b-416994/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア