Eyevolの直営店に待望の2号店が大阪にオープンした。

  • 2024.07.12  2024.07.09

アイウエアブランド「EYEVAN」が生んだサングラスブランドである「Eyevol」の2店舗目になる直営店が大阪にオープン。上質なライフスタイルに欠かせないサングラスを圧倒的な世界観で表現している。

多様なライフスタイルに合わせたモデルがそろう直営店。

Eyvolは「着るメガネ」をコンセプトにEYEVANが生んだサングラスブランド。クラシックで普遍的なデザインと、スポーツシーンにも対応する機能性が高次元で備わることで、プロゴルファーやランナーなど、トップアスリートからも支持を集めている。

今年6月には、東京は青山骨董通りに続くEyvolの直営2号店が大阪は南船場に新店舗がオープンした。

大阪店のコンセプトはDynamic Lifestyle。しなやかで自由、ダイナミック(アクティブ、エネルギッシュ、創造的、機能的)かつ上質なライフスタイルを体現するショップを目指している。

アクティブシーンで活躍するアイウエアブランドの魅力をプレゼンテーションする場所として、現代の多様なライフスタイルに合わせ、居心地のいいコンテンポラリーな空間になっている。

またオープン記念として、先行発売される新作が登場するだけでなく、サングラスフレーム購入者にEyvolオリジナルサコッシュをプレゼント(数量限定のため無くなり次第終了)している。

大阪店のオープン記念で先行発売される新作。ALFRED

クラシカルなフレンチデザインがベースになるモデル。サングラス自体の存在感が楽しめるデザインと、掛ける人を選ばないサイズバランスに仕上げた2サイズ展開になる。複雑なテンプル形状によって生まれるホールド力が特徴になるフレキシブルテンプル、高いフィット感が得られる固定式ノーズラバー、メンテナンスフリー化を実現したスクリューレスダブルアクションヒンジ仕様になっている。各1万5400円

【DATA】
Eyevol Osaka Store
大阪府大阪市中央区南船場4-10-12 有樹ビル1F
TEL06-6282-7877
12時~20時 水曜定休
https://eyevol.com

 

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部