野暮ったくないデニム&ジャケットで綺麗めコーディネイトに【SNAP】

  • 2024.06.07

トラッド巧者たちのスタイルを見て、トラッドなデニムの着こなしについて考えたい。アメカジ色の強いデニムパンツをトラッドに穿きこなす秘訣はジャケットを羽織ることだろう。仕事終わりに古着店を巡り、掘り出し物を探すのが日課という会社員の佐藤惟吾さん。ムードある雰囲気を生かしつつ野暮ったくならないよう綺麗めなアイテム選びを心がけているという。

服の生産国を統一せず、いま着たい服を選ぶ

会社員・佐藤惟吾さん|1987年生まれの37歳。仕事終わりに古着店を巡り、掘り出し物を探すのが日課。趣味はインテリア集め、特にイスに傾倒していて座らない椅子がどんどん増えているという

「髭や髪の毛が長めなので、スタイリングは野暮ったくならないよう綺麗めなアイテム選びを心がけています」と話す佐藤さんの1番のこだわりはこだわりすぎないこと。

「服の生産国を統一するなどはしないようにしています。やはり揃えてしまうと偏ったスタイリングになってしまうので、より自然に、いま着たい服を選ぶようにしていますね。」

クッションをつけて穿くと野暮ったくなってしまうデニムを綺麗に穿くため、レングスはノンクッションに

主役のデニムはコチラ! リーの101Z

5年以上前に購入したという「リー」の[101Z]。「本当はジャストサイズが欲しかったのですが、値段の安かった大きめサイズを買ったのを覚えてます」

プロがする綺麗なリペアももちろん良いのだが、良い意味で雑なセルフリペアの跡がいい味を出している

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部