2ページ目 - 服づくりのすべては紡績から始まる。繊維をねじって引き伸ばして、糸にする工程を見学!

  • 2024.04.29

コーマ|繊維の長さをできる限り揃えるため短い繊維を取り除いていく

カードの工程を終え、タイコ状に巻かれた原綿をコーマ機に通す。コーマ機にも針が付いており、下から掻き出すことで短い繊維が下に落ちていく仕組みだ。左下の写真を見れば、取り除かれた繊維とそうでない繊維の長さの違いが明確に分かるだろう。ちなみに、短い綿を残していい意味でのムラ感を生み出すために「コーマ」を通さないケースもある。たとえばデニムに使われるものがそうだ。

ちなみにこの工程で落ちた綿は「コーマ落ち」、ここで機械に残ってスライバーとなった綿は「コーマスライバー」と呼ばれる。コーマスライバーはより糸に近い形状になる。

右が取り除かれた短い綿繊維

練条(れんじょう)|8本のスライバーを1本にまとめて引っ張ることで、太さを均一にする

カード、もしくはコーマの工程を終えた8本のスライバーを一本にまとめて、「練条機」と呼ばれる機械で引き伸ばす。8本のスライバーを8倍の長さに引き伸ばすことで、練条機から出てくるときは、練条前の1本分の太さになっている。こうすることで太さにムラのあるスライバーが均一な太さに整う。通常この工程を2〜3回繰り返し行う。

強力に圧縮されて出てくる!

粗紡(そぼう)|練条にかけられた束をさらに引っ張ることで、糸に近い状態へ

練条機にかけられたスライバーをさらに8〜9倍の長さに引き伸ばすことで、「完成後の糸」の太さに近づけ、次の「精紡」という工程で糸にしやすくする。この「粗紡」工程を終えた束が、ここで初めて「ロープ状の繊維の集合体」を表すスライバーという呼び名から、「糸」という名称に変わり「粗糸」と呼ばれるようになる。

精紡(せいぼう)|加える力の強さや回転方向で番手と撚りの向きが決まりいよいよ糸が完成する

上部で番手をコントロールし、下部で撚りの方向が決まる!

粗糸は30倍ほどの長さにするために引っ張り、ボビンに巻きつけて管糸(かんし)と呼ばれる糸の完成形となる。縦方向に回転するバンドのようなもので糸を押さえつけながら引っ張るのだが、その引っ張る強さで番手を、機械下部に設置された回転するボビンの方向で撚りの向きが決まる。

通称「石川台」と呼ばれる1950年代製の機械は、押さえる力や回転数こそ少ないが、そのおかげで柔らかな風合いやいい意味でムラが生まれる。なお、この機械で紡績されるのは単糸。2本撚りの双糸は別の工場で作られる。

番手は後ろのローラーと前のローラーとの回転の差で確定する。稀に糸が切れることがあるため、職人が見回る。

石川製作所製の「石川台」で、茶綿が精紡されている光景を見ることができるのは、世界でも「大正紡績」だけだ。

(出典/「2nd 2024年5月号 Vol.204」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部