休日のジャケットスタイル、小物にはめいっぱいの遊び心を。

  • 2022.10.06
  •              

小物使いは、ドレスに外しを加えるテッパンテクニック。意外とこんなの合わせてどうかなっというカラーやデザインもしっくりくるから不思議。変化を与えるポイントは、ソックス、ベルト、ハンカチーフの3つ。どう取り入れるかは腕の見せ所だ。組み合わせの妙技を知る上でもチェックしておきたい12アイテムをピックアップした。

バンダナチーフ2200円/エンジニアドガーメンツ (ハミングバーズヒルショップ TEL03-6721- 0189)、ベルト3万6300円/シャルべ (日本橋三越本店TEL03-3241-3311)、ソックス5500円/ゴダール ハバダッシェリー([email protected] ard-ltd.com)、ジャケット14万800円、パンツ9万200円/パパス (TEL03-5469-7860)、ニットベスト4万1800円/ラッファ モリーナ、シャツ3万800円/エリッコ フォルミコラ(ともにビームス F TEL03-3470-3946)、トートバック1万4850円/エル・エル・ビーン×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿TEL03-3746-5851)、その他はスタイリスト私物

1.エンジニアド ガーメンツ

コットン100%でアニマル柄の抜染プリントバンダナ。サイズは53センチ四方の正方形。パンツのポケットに挿すだけでなく、首に巻けるサイズが嬉しい。2200(ハミングバーズヒルショップTEL03-6721-0189)

2ファイン アンド ダンディ

ボーイスカウトのバッジ柄がプリントされたU.S.A製バンダナ。ネイビー生地にオレンジの縁の糸が特徴的なグラフィックを強調するわかる人にはわかるデザイン。5500(ユーソニアン グッズ ストアTEL03-5410-1776)

3ブルックス ブラザーズ

ホワイトにないネイビーで縁取られたシンプルなバンダナはブルックスブラザーズを象徴する羊マーク、ゴールデンフリースが小紋柄のようにプリントされている。1650(ブルックス ブラザーズ ジャパンTEL0120-02-1818)

4ハバハンク

1947年に米国生まれたバンダナメーカーで、 創業時よりMADE IN U.S.A.を貫いている貴重なメーカーだ。豊富なバリエーションを持ち、思わず揃えたくなる低プライスも嬉しい。880(ハイ! スタンダードTEL03-3464-2109)

5レグロン

ナポレオン2世の愛称でもあるレグロンをブランド名に冠したアメリカのベルトメーカーから、深いネイビーが印象的な一本。15400(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL03-5772-5501)

6マスター&コー

フルベジタブルタンニンのプエブロレザー製ガチャベルト。マットな質感のバックルには真鍮が使われており、どちらも使うほどに味わい深くなるエイジングが魅力。8800(マッハ55リミテッドTEL03-5846-9535)

7J&M デヴィッドソン

細めの革にウエスタン調のバックルをはじめ とする金属パーツが目を惹くイタリア製ベルト。アクセサリー感覚でコーディネイトのアクセントに活用したい。35200(J&M デヴィッドソン 青山店TEL03-6427-1810)

8シャルべ

伸縮性のあるゴム製のメッシュベルト。一見、スポーティで、カジュアルなアイテムに見えるが、バックル部分を革巻きにすることで、シャルべらしい上品な印象に。36300 (日本橋三越本店TEL03-3241-3311)

9トゥモローランド

幅広ピッチのボーダーがアイキャッチとなる、コットンナイロンのソックス。カカト部分のみ赤で編み込まれ、サンダルを履いて、思わず見せたくなるキュートな見た目の1足。1980(トゥモローランド TEL0120-983-522)

10ゴダール ハバダッシェリー

パンツの裾から素肌が見えないようロングレングスで編み込まれたドレスソックス。20色以上もカラーを揃え、自分らしい色を選ぶのも個性を演出する手段のひとつ。5500 (ゴダール ハバダッシェリー [email protected])

11パンセレラ

ドレスソックスメーカーで知られる英国生ま れのパンセレラ。上質なコットンの肌触りはもちろんシームレストゥならではのストレスフリーな履き心地が魅力のアーガイルソックス。4180(真下商事TEL03-6412-7081)

12コーギー

英国のサウスウェールズにてニットメーカーとして創業し、120年以上もの長い歴史を誇るコーギー。英国王室御用達の証であるロイヤルワラントの称号を持つ名門。3080(メイデンズ ショップTEL03-5410-6686)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202210月号 Vol.187」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア