夏の必須アイテム、バスクシャツおすすめ10選。

  • 公開日:2022.06.23
  •              

同じように見えて、元の開き具合やシルエットなどディテールの違いで大きく印象の変わるバスクシャツ。夏の装いに欠かせないバスクシャツのそんな細かなディテールにも注目しながら、編集部おすすめのアイテムをチェックしてみて。

1.セントジェームス|の服を作り続けて130年以上のレジェンド級ブランド。

color : 生成り×マリン、ホワイト×マリン、ホワイト×コバルトブルー、ホワイト×ブラック、ホワイト×レッド、他シーズンカラー多数展開

ノルマンディー地方の漁師たちが愛用していた、正統派バスクシャツがベースの定番モデル[ウェッソン]。コットン100%のしっかりした素材で、洗濯機でガシガシ洗ってもへこたれない実用性も魅力。13200円(セントジェームス代官山店 ☎︎03-3464-7123

2.オーシバル|ざっくりとしたラッセル編みがアイコニック。

color : ホワイト×ブルー、ホワイト×ネイビー

1939年にフランスで設立。仏海軍に制服としてボーダーTシャツを納入ししていた実績もある。アイコンである複雑な構造のラッセル生地は、フランスに数台しか残っていない機械で伝統的な製法を継承してつくられている。13200円(Bshop ☎︎03-5775-3266

3.オーベルジュ|究極スビンコットンを限界度詰めという贅沢。

color : 生成り×ブラウン、ライトグレー×ネイビー、ココア×ブルー、ブラック×ベージュ、ブラック×ブルー

100年以上も続く老舗「大正紡績」製のスビンコットンを100%使用した、滑らかでハリコシのある生地感が魅力。デザイナー小林学さんが思う、ヴィンテージの仏製カットソーに対する理想をすべて盛り込んで実現させた至高の一着。26400円(スロウガン ☎︎03-3770-5931

4.ヨネトミ × ブルーブルー |高いニット技術でバスクシャツを表現。

color :ダークネイビー、ネイビー、ロイヤルブルー

老舗ニットメーカー「米富繊維」と「ブルーブルー」とのダブルネーム企画。凹凸のある表面とドライな手触りで通年着用可。洗濯にも強い丈夫な生地に、ニット特有の伸縮性が加わり脱ぎ着のしやすさ&肌触りも抜群。2900円(ハリウッド ランチ マーケット ☎︎03-3463-5668

5.ゴールド|老舗ならではの安定感と現代的シルエット。

color : オフホワイト×ネイビー、オフホワイト×ブルー

身幅を広めにとった、一枚でもサマになるボックスシルエット。技術力とノウハウのあるゴールドだからこそ辿り着いた、双糸のオーガニックコットンを使った天竺素材は、肌触りの柔らかさと強度を兼ね備える。18700円(東洋エンタープライズ ☎︎03-3632-2321

6.カネル|あのナポレオン公の勝利数=ボーダーの数!?

color : エクリュ×マリン、マリン ×エクリュ、ホワイト×スカイ、メランジグレー×エクリュ、ブラック×ルージュ、ホワイト×クラウド、エルメス×ホワイト、タール×ビス、ホワイト(無地)、ルージュ(無地)、マリン(無地)、メランジグレー(無地)、ブラック(無地)、クラウド(無地)

マリンボーダー発祥のブルターニュにおける最古参ブランド「カネル」。 [ボナパルト]というモデル名のとおり、かつて仏軍の規定でも指定されていた計 36本のボーダーは、かの英雄ナポレオンの勝利数を表している。14960円(エムジェイ キュー ☎︎03-3542- 0393

7.キャル オー ライン|背中には一点一点柄の異なる60年代製ヴィンテージバンダナ。

color : ブルー、レッド

後ろ身頃に配された一点一点柄の異なる60年代製ヴィンテージバンダナがユニーク。また、バンダナを前側にして着用することも可。14960円(ユナイト ナイン ☎︎03-5464-9976

8.エルディーエルティー|リラックス&フィットの絶妙バランス。

color : ネイビー×ナチュラル、グリーン×ナチュラル、ナチュラル×ネイビー、ナチュラル×ロイヤルブルー

米ブランド、フィデリティの別ラインより。ワイドシルエット、ドロップシ ョルダーでゆとりあるサイズ感ながら、首元は狭めで大人な印象。7700円(サンマリノ ☎︎03-3634-8411

9.ハバーサック エキップメント|袖のクラシカルな印象の装飾を目印に。

color : ブラック、ネイビー、ブラック(無地)、ホワイト(無地)

クラシカルな印象の装飾が袖口に入る独創的なバスクシャツ。バスク天竺素 材を採用しており、シャリ感は強め。 16500円(ハバーサック フラッグ シップストア ☎︎03-3477-0521

10.サニースポーツ|和歌山で生まれた天竺ボーダー×シルケット加工。

color : ホワイト×ネイビー、サンドベージュ

身幅と袖の分量を最大限にまで大きくして清涼感も高めた一着。和歌山で編まれた天竺ボーダーに、上品な光沢を生むシルケット加工を施した。9900円(セル ストア ☎︎03-6459-3962

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。