「ケープハイツ」が農業の魅力を“味わう”イベント「冬の野菜市」を12/5(土)・6(日)に開催!

  • 2021.10.26 2020.11.27
  •              

今年ブランド設立30周年を迎えるライフスタイルブランド「Cape HEIGHTS」が、12月5日、6日の2日間“Cape HEIGHTS presents 冬の野菜市”を表参道で開催する。アパレルブランドが野菜市を開催する、新たな試みに注目だ。

“日本への敬意”が込められた、30年目のスペシャルな“野菜市”。

1990年、アメリカ北東部のニューイングランド州で設立された「Cape HEIGHTS」は「海岸」を意味する’Cape’と、「山」を意味する’Height’からなり、海、山、自然を愛する多くの人々に愛されてきたブランドだ。

かつてアメリカの錚々たるアウトドアブランドのもの作りを手掛けた実績を持ち、ダウンジャケット、フリースジャケット、マウンテンパーカーなどの、タウンユースで最大限活用できるバラエティに富んだアイテムを展開している。日本でも幅広い世代、様々なライフスタイルで受け入れられている。

今回、30周年を迎えるにあたり、日本人の持つ自然観、自然を破壊しつくさず資源を有効利用する共生の考え方に敬意を表し、国内の農業生産者、青果店など複数の方々に集まってもらい、企画されたのが“Cape HEIGHTS presents 冬の野菜市”だ。

Shogoさん|1985年生まれ。愛知県出身。モデルとして各メディアで活躍する一方、東日本大震災復興支援に9年間毎月足を運び、水産工場の復興を始め、神社の倒壊した参道に芝を移植し、「芝参道」として再建させるなど尽力してきた。そこから土に触れることの大切さを感じ、神奈川県都筑区にある畑で無農薬・無化学肥料で季節の野菜を育てている。現在マイファームアグリイノベーション大学校にて有機農法を勉強中。モデル事務所VELBED.代表。

野菜市をオーガナイズするのは、「Cape HEIGHTS」のモデルを務めたことのある岡田章吾(SHOGO)さん。モデルとして活躍しながら神奈川県で農園を借り、農業や自然の素晴らしさを発信しており、今回の野菜市では、彼の呼びかけにより、三重や千葉、埼玉など様々な地域から様々な野菜が並ぶ予定だ。また野菜の販売のほか、自身で野菜を育てられるキットの販売やワークショップも開催予定となっている。

今回のイベント開催のいきさつを、モデルのShogoさんにお聞きしました!

モデル業の傍ら、趣味や家族との時間を満喫しているShogoさんが、最近もっともハマっているのは“農業”だという。

【OUTER WEAR】NEWFANE Jacket|キルティングのピッチが広く、スポーティな印象のダウンは、袖リブから指を出せたり、 ポケット内がフリース素材になっていたりと、 真冬の防寒対策にもってこい。新色の2トーンカラーがアクセントに。6万3800円

「きっかけは8年ほど続けている東北ボランティアです。その中で芝を移植するという作業があり、自然と土に触れる機会が多かったのですが、だんだんと東京に戻っても“土を触りたい”と思うようになって。自然に囲まれて育ったので、自分の中にそういう土台があったのかもしれません。それで3年ほど前に、ここ(神奈川県荏田町にある体験農園)で実際に農業を始めてみたら、すっかりハマって(笑)。いまでは欠かせないライフワークです」

【OUTER WEAR】LUTAK Jacket|マットな生地、すっきりシルエットなど、街着として使いやすいディテールを備えた定番品。内側にはX字のハーネスが付き、フリーハンドでの携行も可。5万7200円

本年、そんな彼をECサイトのモデルに起用したのが、1990年にアメリカ・ニューイングランド州で設立された、ケープハイツだった。設立30周年を迎え、“何らかの形で社会に貢献できないか”と、ちょうど企画を練っている時に出逢ったのがShogoさんだったのだそう。ケープハイツが深く共感したという、農業に対する想いをShogoさんに聞いた。

【OUTER WEAR】SUMMIT Jacket|ブランド30周年記念モデルは、創業当時のアーカイブをモチーフに、ゆったりシルエット、メタルスナップなど、レトロなディテールにこだわっている。左腕には限定ワッペンがつく。6万1600円

「キャンプや登山も好きなんですが、農業ならもっと深く自然を理解できる気がするんです。土の状態とか、どんな虫が生息しているかって普段気にしないじゃないですか。“小さな自然”を理解する農業を通して、もっと“大きな
自然”を理解できていく感覚が楽しいんです。

でも、荏田の畑も、開発が進んでコンクリートで埋め立てられてしまうかもしれない。それは悲しいので、もっとたくさんの人が気軽に農業を楽しむようになってくれればいいな、そう思っていた時にケープハイツさんが声をかけてくださって、12月に一緒にイベントをやらせてもらえることになったんです。

たとえばそのイベント会場でケープハイツの服を着ている僕らを見て、『こんなお洒落な恰好でやる農業なら、ちょっとやってみたいな』とか、若い人が農業の世界に興味を持つきっかけになってくれればいいなと思います。」

当日は無料で誰でも入場することが可能なので、友人や家族と一緒に、もちろんひとりで遊びに行ってみてはいかがだろうか? “Cape HEIGHTS presents 冬の野菜市”を通して、改めて自然の素晴らしさを考える機会となるに違いない。もちろん、選りすぐりのうまい味覚もぜひ堪能してもらいたい。

【イベント概要】

“ Cape HEIGHTS presents 冬の野菜市“
日程/2020年12月5日(土)・6(日)
時間/10:00~16:00 ※当日分無くなり次第終了
入場料/無料
会場/表参道コミューン (〒107-0062 東京都港区南青山3-13)

※詳しくは、インスタグラムにて@capeheights.jp

【問い合わせ】
グリニッジ ショールーム
☎03-5774-1662

ブランドサイト
ECサイト

(出典/「2nd(セカンド) 2021年1月号 Vol.166」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア