秋の休日コーデの主役! カンタベリーの「ラグビーシャツ」で大人スタイル4選。

最終更新日 2021.10.26 公開日 2019.09.20

いよいよ、2019年9月20日に開幕するラグビーW杯! 開催地である日本は空前のラグビーブームに沸いています。元々、ラグビーは1800年代に英国で発祥し、身体と身体をぶつけ合うことで勝敗以上に互いの友情やジェントルマンシップを育む〝紳士のスポーツ〞として親しまれてきました。

歴史と伝統のラグビーシャツメーカー「カンタベリー」。

そのユニフォームである「ラグビーシャツ」を、100年以上に渡り作り続けているのがカンタベリーです。ラグビーの本場といわれるニュージーランドで1904年に創立され、タフな男たちだけでなく、ファッションシーンにおいてもアメリカントラッドの定番として愛されてきました。

この秋、W杯の盛り上がりと時を同じくして、トラッドファッションの主役として注目されているラガーシャツ。せっかくならそんな長い歴史と品質にこだわった、カンタベリーをチョイスしたいもの。主役級のラガーシャツが勢揃いしたラインナップから、おすすめの4枚を使ったコーディネイトを紹介します。カラーバリエーションも豊富に揃うので、自分好みの1枚を探してみてはいかがでしょうか?

model_1 NZ STRIPE RUGBY JERSEY

B.D. シャツ9000円+税、デニムパ ンツ1 万2800円+税、コーデュロ イキャップ3600円+税/カンタベリー(カンタベリージャパン)、メガネ3万7000円+税/オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス (G.B. ガファス☎03-6427-6989)、 ニットタイ1 万4800円+税/ケネスフィールド(セプティズ☎ 03-54 81-8651)

1970年代後半にラグビーシャツ=カンタベリーを印象づけた、綿52%、ポリエステル48%のオリジナル素材 “RUGGER LOOP®” を使用した「NZ STRIPE RUGBY JERSEY」。こだわりのニュージーランド生産で、ヴィンテージの風合いを再現したフラッグシップモデルです。カラーパターンやボックスシルエット、シームレスになったカフスの筒編み、ラバーボタンの形状やブランドネームの織り方に至るまで、とことん、かつてのディテールを継承しています。こんなシャツとのレイヤードなら、遊びの効いたトラッド感を存分に演出してくれること間違いなし! 袖を折り返し、裾を出すとこなれ感が出て、おすすめです。1万5800円+税

ちなみに・・・・・・

1970年代に作られたNZ型ジャージ

こちらが、1970年代に作られたカンタベリーの同型のラグビーシャツ。素材はウール~コットン~ポリエステルと変化し、1970年代後半には現在も採用しているコットン×ポリのオリジナル混紡生地“RUGGER LOOP®” になりました。肉厚でコットンライクながら速乾性に優れ、服好きにこそ愛される生地感は現行モデルにも踏襲されています。

タグもチェック! 右が現行品のもので左が1970年代のもの。ニュージーランド製だけに付けられる襟タグで、往年のデザイン同様に、カンタベリーの歴史と伝統が感じられますね。

model_2 SOLID COLOR RUGBY JERSEY

フリースベスト1万5000円 +税、カーゴパンツ9800円+税/カンタベリー(カ ンタベリージャパン)、その他スタイリスト私物

ラグビーの母国、イングランド特有の襟型と言われる台襟とトップボタンが付いたトラッドなスタイルのラガーシャツ。かつては試合後にそのままタイを巻けるようにと考案されたのが襟型でした。“紳士のスポーツ” のユニフォームらしく、襟はホワイトカラーが基本になっているのが特徴で、街では首元の程よいアクセントになってくれます。

コーディネイトに使いやすい単色カラーはエントリーモデルとしてもオススメ。ベストに合わせたり、カジュアルなシャツ感覚で取り入れてられるので、1枚あれば多用なコーディネイトが楽しめます。各7800円+税

model_3 4INCH STRIPE RUGBY JERSEY

コーデュロイパンツ1万500 円+税/カンタベリー(カンタベリージャパン)、スウェットパ ーカ1万2000円+税/ UCLA(セプティズ☎ 03-5481-8651)、シューズ4万3000円+税 /フェルナンドレザー(エアロポステール☎03-3404-5565)、メガネ3万7000 円+税/ジュリアス・タート・オプティカル、グラスコー ド5000円+税/ディフューザー(G.B. ガファ ス☎03-6427-6989)

4インチ幅に設定されたボーダー柄は、ラグビーシャツ定番中の定番。太すぎず、細すぎないので、アメトラからストリートスタイルまで着回しができます。発色のいいカラフルなカラーバリエーションはチームジャージとしての起源を垣間見ることができ、いつものスタイリングに取り入れればそれだけで新鮮な印象を与えてくれるはず! 今年の秋は、こんなスウェットパーカをインナー使いしてライトアウター感覚で楽しむのも気分ですね。8800円+税

ちなみに・・・・・・

ひと続きの生地が首周りを一周する「ループネック」はカンタベリーが考案したアイコニックな仕様。破れにくく、背後から襟を引っ張られても危なくないという、チームジャージとしての機能がここにも継承されています。ボタンは衝撃を吸収するラバー製というのもポイントです。

model_4 LIGHT UGLY HOODY

デニムパンツ1万2800円+税、ステンカラーコート[参考商品]/カンタベリー(カンタベリージャパン)

一見普通のボーダー柄のフーディのように見えますが、フード裏に一点一点デザインの異なる様々なカラーリングやピッチ幅のクレイジーパターンが施され、ひと際目を惹くのがこちらのライトアグリーフーディ。

脇ガゼット付きでカンタベリーのアイデンティティが詰まったフーディは、ラグビーシャツをさらにカジュアルに仕上げている遊び心のある一着です。ステンカラーなど大人のシックなアウターのなかにスタイリングすれば、程よく主張する薄手パーカとして休日スタイルで活躍すること請け合いです! 各9500円+税

ちなみに・・・・・・・

フーディにも採用されている、このクレイジーパターン。実は偶然の産物。様々な色・柄のチームジャージを作るなかで、大量にでてしまう生地の切れ端を縫い合わせてジャージを作り、地元ラグビースクールに寄贈していたのが始まり。つまり、計算してできたデザインではないんです。それがいまではシリーズ化して定番アイテムとなっているのが、また面白いところですね。

さて、今秋のトレンドである「ラガーシャツ」の着こなしとともに、カンタベリーならではのこだわりにも触れてきましたが、いかがでしたでしょうか? 主役級の存在感と豊富なカラーバリエーションは、秋コーデの幅を広げてくれること間違いなし。トラッド感に遊びを効かせてくれる、頼りになるラガーシャツ、要チェックです。

【問い合わせ】
カンタベリージャパン
☎03-5227-5699
www.goldwin.co.jp/canterbury/

掲載価格は税込です。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。