平成で大ブームのミルキーペンが毛筆タイプの「ミルキーブラッシュ」として新登場

  • 2022.09.20
  •              

ぺんてるは、毛筆タイプのパステルインキ筆ペン「ミルキーブラッシュ」全8色を、920日(火)より、全国の文具取扱店にて順次発売開始。

ミルキーブラッシュは、1996年に発売して人気を博したパステルカラーのボールペン「ハイブリッドミルキー」のインキを搭載した、ブラッシュタイプの筆ペン。

カラー筆ペンの中でも珍しい不透明のパステルカラーで、クラフト紙や濃い色の紙に書いても、インキがしっかりと乗り、キレイに発色する。穂先による表現と重ね塗りが可能なインキにより、何気ない文字やイラストも、明るくかわいい印象に描くことができる。選ぶ楽しみが広がる、使いやすいパステルカラーの8色展開。

「ハイブリッドミルキー」のインキは、ぺんてるが画材や修正液で培った技術を活用して生まれ、発売当時は、黒い紙にも書ける、これまでにないボールペンとして人気となった。30代~40代を中心に知名度の高い「ハイブリッドミルキー」のあのパステルカラーをそのままに、筆ペンならではの新しい使い心地を提案するミルキーブラッシュは、当時を知る世代には懐かしく、若年世代にはこれまでにない新鮮さを感じさせる筆ペンだ。

また、ぺんてるは本商品の発売を皮切りに、「Pentel Arts」という「書く、描くことそのものの価値を広める」活動を発信していく。筆をもっとラフに、気軽に楽しんでもらいたいという想いから誕生した「ミルキーブラッシュ」は、「Pentel Arts」の世界観を体現する商品。

「ハイブリッドミルキー」は、1996年に発売して人気を博した、パステルカラーのボールペン。不透明なパステルカラーゲルインキを採用したのは、業界初のこと。黒い紙や写真シールにも書けるボールペンとして、「ミルキーペン」の愛称で小中学生を中心に一大ブームを巻き起こし、販売本数は年間1億本を突破。店頭では一時品薄状態となり、お詫び広告を出すという異例の事態となった。

発売から26年が経った現在も、 平成時代の文化を象徴するアイテムとして、また、「黒い紙に書けるパステル調インキのペン」の代名詞として、高い認知度を有している。
*「ハイブリッドミルキー」は、現在は国内では販売終了。

ミルキーブラッシュ

.筆で楽しむ、 心ときめくパステルカラーインキ
筆跡の線幅の違いから、「ハイブリッドミルキー」と同じインキのままでは色の印象が強くなりすぎるため、派手になりすぎない色合いの調整や、毛筆の書き味を損ねずにカラーペーパーに描いてもインキ色を感じられるカバー力を実現することが課題となった。

5年の歳月を費やし、色合いやインキ粘度の試行錯誤を重ね、最適なバランスを追求。その結果、書き味のなめらかさを維持しつつ、下地を隠す隠ぺい性が高く、濃い色の紙にもはっきり色が映える、バランスの良いインキを実現した。

カラーラインナップは、パステルミントグリーン、パステルオレンジ、パステルイエロー、パステルグリーン、パステルピンク、パステルブルー、パステルバイオレット、ホワイトの8色で、ミルキーらしいパステルカラーを揃えた。この筆ペンに最適化したインキ開発により、重ね塗りが可能となり、ミルキーブラッシュ同士や、他のペンとの組み合わせなど幅広い表現を楽しむことができる。

2.ラフに描いても可愛くなる、自由な表現を生む穂先
ロングセラー「ぺんてる筆」で培った技術を活かした、まとまりが良くコシのある高品質な穂先。しなやかな描き心地で、穂先全体を使えば広い面をキレイに塗れて、先端を使えば細かい模様なども自由自在に描くことができる。
ブラッシュタイプならではの自由度の高さは、本格的なイラストやレタリングにはもちろん、日常の中でラフに描いて気軽に使うのにもぴったり。

ミルキーブラッシュ

8
価格:550円(税込)

ミルキーブラッシュ8色セット

価格:4,400円(税込)

102日開催Pentel DAY 2022にて、ミルキーブラッシュ・ワークショップを開催

Pentel DAY 2022」は、ぺんてる筆やアートブラッシュ、筆タッチサインペンをはじめとするブラッシュ系製品を、日ごろから愛用している人向けに、製品の新たな魅力や開発のウラガワが体感できるファンイベント。「ミルキーブラッシュ」を使ったワークショップも実施予定。

【ミルキーブラッシュワークショップ概要】

日時:2022102日(日)14:1015:20
参加方法:後日ぺんてるの公式TwitterInstagramから案内する、 Peatixのページより先着順にて応募することが可能。
申込んだ人には、ワークショップ参加用URLをメールにて送付し、イベント前日までに「ミルキーブラッシュ」2色を含むワークショップのキットを郵送。
当日は、キットを使ってワークショップを楽しむことができる。
公式Twitter ルル @pentel_lulu / ペペ @pentel_pepe
公式Instagram: ぺんてる @pentel_official
ワークショップ参加費:1,000
(ワークショップで使用するミルキーブラッシュなどの費用を含む。)

視聴方法:当日の全プログラムはオンラインからどなたでも無料で視聴可能。
PentelDay無料オンライン視聴(YouTubeライブ): https://youtu.be/Bjs_xFWE7-I

【当日のプログラム】
13:0013:20 オープニングパフォーマンス 宮久保胡蝶さんによるライブドローイング
13:3014:00 トークセッション ぺんてる技術系社員×宮久保胡蝶さん×松本麻衣子アナ
14:1015:20 ミルキーブラッシュワークショップ
15:3016:00 インクルーシブデザインプロジェクト 活動報告

【問い合わせ】
ぺんてる お客様相談室
TEL0120-12-8133

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア