万年筆のペン先には天使が宿る! 「趣味の文具箱」2022年7月号Vol.62は6月14日発売!

世の中のほとんどの文字は、キーで打ったり、液晶のガラス板に触れて電気で変換して作るものになりました。でも、昔ながらのペンを手で握って、紙の上に書く魅力は時代が進んでも不変である、と考えています。文具に潜む趣味の世界を深掘りし続ける雑誌「趣味の文具箱」は、万年筆やボールペン、ガラスペン、ノート、手帳…などありとあらゆる筆記具の最新情報を集めています。モノの情報の隙間から伝えたいこと、それは「手書きは楽しい」。

「趣味の文具箱」では「筆欲」という雑誌が作った造語をよく使います。筆欲とは「なんでもいいから書きたい」「書くことを楽しみたい」と思う人間だけに与えられた本能のこと。ヒトには必ず筆欲が潜んでいると考えています。

購入はこちらから!

「手書きは永遠に不滅です!」を、文具界の中心から叫び続ける雑誌

最新の7月号は「趣味の文具箱」らしさがかなり濃厚です。表紙では久々の黒バックに巨大ペン先。巻頭では万年筆の新旧のペン先が大きく並んで比較され、特集をめくると斬新なペン先が続々と登場します。文具に潜む趣味の世界をとにかく深掘りするのが本誌の使命。沼と呼ばれる場所があれば、すぐ潜って編集部員みんなで見に行き、どこまでも深く、底を目指す。潜る深度が増すほど趣味の文具箱らしさがページに漂ってきます。

万年筆のペン先の拡大写真は、編集部の深掘りの象徴です。ペン先には持ち主に幸せをもたらす天使が潜んでいます。本誌連載「文房具が輝いた瞬間」では、文具ディレクターの土橋 正さんが使い込んだカスタム743のペン先に天使が宿る花園を発見したことを報告してくれました。7月号に散らばっている最新モデルのペン先の拡大写真をじっくり眺めて、読者の皆さんも先端に宿る天使の姿をぜひ探してみてください。

購入はこちらから!