鈴の音が波紋となり時代をつなぐ。創業110周年記念万年筆「鈴音〜Rinne〜」12月20日発売。

202262日に創業110周年を迎えるオカモトヤ。110周年という節目を記念して、オリジナル万年筆「鈴音~Rinne~」を12月20日(月)発売する。“書くを楽しむ”というテーマを元に試行錯誤し、同社の想いを形にした。「はじまり」ネイビー色、「みらい」パープル色、数量限定での販売となる。

昭和8年頃に発売されていた、同社オリジナル製品の「ヤング」万年筆以来となる、オリジナル万年筆【鈴音~Rinne~】は、“書くを楽しむ”というコンセプトに最も適した万年筆、エラボー軸。エラボー軸は、オカモトヤ虎ノ門店で最も多く販売されている万年筆で、日本語のトメ、ハネ、払いが独特の撓りで表現することができ、筆のような筆致が生まれる。

オカモトヤは、日本の文化・文具を伝えていく為、このエラボーを選択。コロナ禍リモートワークの普及で、“書く”という行為が少なくなってきている現代。そんな時代だからこそ、書く楽しみを伝えていきたい、これこそが110年前から虎ノ門の地で、働く人に寄り添い日本の文具で商いを行ってきたオカモトヤの使命ととらえている。

鈴の音が広がるように、“書く”という文化がオカモトヤから、世界に広がっていくようにとの想いを込めて、鈴音と名付けられた。また、鈴の形は創業当時の企業ロゴとしても使用されており、現在でも虎ノ門店のアイコンとして使用している。その想いは、万年筆の各所に見られる。天冠の彫刻は、企業ロゴを展開し一つ一つが雫のように波紋を描き、キャップの二重リングに繋がり更に広がっていく様を表している。

「はじまり」は、コーポレートカラーでもあり、オリジナルインク「はじまり」の色でもある。「みらい」は、歴史を大事にしながらも新しい時代への変革をイメージして、パープルを選定致した。箱には110年の歴史を振り返り、思い出の写真と共に。ECO紙材、バガスシュガー、マガジンペーパーを使用している。

鈴音~Rinne~ はじまり

*PILOT エラボー軸ベース
表面は南部鉄器のようなザラザラと質感のマット調の仕上がり。色は、オリジナルインク「はじまり」をモチーフとした濃紺。

サイズ:最大径Φ141.0mm 全長139mm
ペン先:ロジウムペン先仕上
字幅:SEF(軟極細)、SF(軟細)、SM(軟中)、SB(軟太)の4種
軸・キャップ:黄銅・塗装(鉄器仕上、陶器仕上)
価格:38,500円(税込)

鈴音~Rinne~ みらい

*PILOT エラボー軸ベース
表面は陶器のような質感でラメを感じる仕上がり。色は新しい時代をイメージした紫。

サイズ:最大径Φ141.0mm 全長139mm
ペン先:ロジウムペン先仕上
字幅:SEF(軟極細)、SF(軟細)、SM(軟中)、SB(軟太)の4種
軸・キャップ:黄銅・塗装(鉄器仕上、陶器仕上)
価格:38,500円(税込)

【問い合わせ】
オカモトヤ
https://okamotoya.shop-pro.jp/