ミディアム限定! メンズにおすすめ髪型「ミディアムスタイル」14選【2022年版男性ヘアカタログ】

やっぱりショートが主流とはいえ、根強い支持を集めるミディアムスタイル。長さがあるぶん、メンズらしさや清潔感、おしゃれ感などたっぷりな、おすすめスタイルをピックアップ!

1.似合わせ万能なツーセクショングラレイヤー

Hair:蓬田圭太(TONI & GUY)

骨格に合わせてデザインバランスを計算しているスタイルだけに、頭や顔のフォルムを美しく見せ、似合わせを叶え、さらにはスタイリングもしやすい。ワックスをなじませて73パートでラフに分け、立ち上がりをつけつつ流せばおしゃれ度マックス!

2.顔周りを明るく彩るフェイスフレーミング

Hair:阿藤俊也(PEEK-A-BOO)

海外セレブから火がついた、ハイライトカラーのフェイスフレーミング。顔周りに入れるのでバング長めのミディアムだと一層バランスがいい。ソフトワックスを全体にもみ込んでからフォルムを整えるようにドライし、顔周りの束感を調整すれば完成だ。

3.ラフにかき上げる長めバングが色っぽい

Hair:小野雄二(gokan omotesando)

ゆるいクセ毛のようなパーマをかけた無造作スタイル。フロントの上げ下ろしやパートのバランスなどスタイリングで遊べる幅がたっぷり。少しパートをつけてジェルでキープしつつラフな毛流れを作るとカッコよく決まる。

4.レイヤーのメリハリで作るオシャメンミディ

Hair:豊島春華(Chill)

今注目のミディアムレングスは、ナチュラルでいながらオシャレに見せるスタイルが最も効果的に映える長さ。このスタイルの場合、顔まわりのレイヤーで動きをたくさん作り、どんな角度でもオシャレに見せるのがポイントになっている。バームで束感をつくれば◎。

5.ゆるっと、ふわっと柔らかフェミニンミディ

Hair:陽介(OCEAN TOKYO Sunny)

女子人気の高いハンサムショートのベースを男性に向けたミディスタイルとしてデザイン。ゆるふわ質感になるスパイラルパーマをオン。顔まわりは大きく動かし、よりエアリーに仕上げた。トップは長さがあるが襟足やサイドは短いのですっきりとした印象に。

6.無造作なウェーブが主役のセクシーミディアム

Hair:宇野文彦(NAVY)

無造作なウェーブを主役にしたセクシーなミディアムヘア。立体感、抜け感、無造作感が揃った男心を掴むデザインは、セクシーさも漂い、さらに乾かすだけで勝手にラフな動きが出る優れもの。ツヤ系とハードワックスを混ぜてしっかりなじませ、ウェーブをほぐせばこの仕上がり!

7.抜け感たっぷりのアースカラーで好感度◎

Hair:小池康友(k.e.y)

ハイトーンで作る透明感のあるアースカラーと、質感と抜けにこだわったドライマッシュヘアがまるで外国人の子どものようなナチュラルさを表現してくれる。ドライワックスを少量中間~毛先になじませてほぐしながら程よい束感を作る。

8.こだわり男子がハマるミディスパイラル

Hair:佐藤 大(apish)

デザイン性が高いだけでなく、リッジが効いているぶん、もちや再現性もよくスタイリングも簡単。8090年代ファッションのリバイバルで人気も復活。ボリュームをタイトにするのが今風なので、フォームを付けて自然乾燥後、毛先にジェルをなじませるだけでOKだ。

9.縦ウェーブのパートヘアデザイン

Hair:松金祐大(pizzicato)

上げ下げ自在でセンターパートもサイドパートも難なく決まる。そんなアレンジャブルなミディアムに似合うのはスパイラルの縦ウェーブ。ワックスを付けてバングを軽く分ければアンニュイなムードに。

10.オトナにこそ似合うハードウェーブ

Hair:エノキモトジュン(Door)

カットでグラを積み重ね、計算された量感・質感調整でコントロールされたミディアムベースにハードウェーブをプラス。ランダムに動かしてもなじむスタイル。ドライミストでハリ感を出し、ワックスで仕上げて。

11.さりげなく個性が光るボブウルフ

Hair:松尾芳晴(AO)

気負わないナチュラルな雰囲気が漂うボブウルフ。ポイントは抜け感、ラフさにある。ミックスパーマでゆったりとした動きが色気や大人っぽさを感じさせる。セットもオイルを少量なじませてからクリームワックスをもみ込んで整える。

12.ブラック×ブルーのバイカラーでかっこいいミディヘア

Hair:齋藤正太(syn)

毛先の鮮やかな色が目を引くバイカラー。ビビッドなカラーリングを施す部分にカール感を持たせることでハードさを軽減しおしゃれな印象に。仕上げはツヤ系ワックスを付け、柔らかい動きとカラーリングを引き立てている。

13.クセ毛風アンニュイパーマでつくる抜け感

Hair:小林裕司(◆at’LAV◆ by Belle)

レングス長めのパーマは、きれいな清潔感が不可欠。そうすればスタイリング次第でグランジな仕上がりにもアレンジ可能。毛先の動きをくずしすぎないように乾かしたあと、クリームワックスを付けてフォルムを整える。

14.男っぷりを上げるクールスパイラル

Hair:森田昌範(CANAAN)

シャープなボブと強めのスパイラルの組み合わせはメンズならではのクールな雰囲気作りにぴったり。リッジが効いた束感をくずしすぎないよう濡れた状態でフォームをもみ込んでドライし、ウェット感のあるフォームを毛先に付けてツヤ髪に。

スタイルの担当者のサロンは取材時の所属です。

(出典:「Men’s PREPPY 20201月号~20222月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。