日本代表を目指す高校生! 大分県立情報科学高等学校「ドローンサッカー同好会」発足。

お隣の国、韓国ではすでにリーグが発足して盛り上がりを見せているドローンサッカー。2025年には日本、アメリカ、アジア諸国でワールドカップが予定されていることもあり、「ADEドローンサッカーアリーナ」の誕生に続き、ここ日本でもジュニア選手の育成が始まっている。そのひとつが大分県立情報科学高等学校で2020年4月に発足した「ドローンサッカー同好会」だ。3年生で部長の井(いい)さんと1年生の川口さんに話を訊いた。

ドローンの知識や操作技術の向上、そしてドローンサッカーで日本代表を目指す大分県立情報科学高等学校のドローンサッカー同好会の生徒さん。今回のインタビューに答えてくれたのは前列中央の井さん(3年生)と向かって右側の川口さん(1年生)

「ドローンってどんなものなんだろうという好奇心と、それに挑戦してみたいという気持ちから入部しました」と語るのは部長を務める井さん。そのファーストインプレッションは?

「本当に難しいと思いました。上手な人の映像を見ると簡単なように思えますが、最初は機体を上に飛ばすだけで精一杯でした」(井さん)

「私も操作に慣れるまでは苦戦しましたが、何回か飛ばしていると上達してきて、おもしろくなってきました。初心者同士でも、試合をするとすごく盛り上がります」(川口さん)

大分県立情報科学高等学校内に設置された国際規格の競技場
部員をバックアップするのはオートバックスセブンのコーチ

オートバックスセブンのスタッフがコーチとなり、現在は1回2時間の練習を週3回行っている。

練習で使用している直径20cm のスカイキック

「今は小型のスカイキックで練習しています。ある程度操縦に慣れてきたら40㎝の機体になりますが、
速度が段違いなので、まだ怖いですね。スカイキックの操作に完璧に慣れたら40㎝の機体に挑戦したいです」(井さん)

そんなふたりの目標は?

「情報科学高校にしかない同好会なので文化祭で披露したり、いろんなところで試合をして、ドローンサッカーを広めていければいいなと思っています」(川口さん)

「高校生のうちからジュニア選手として活躍して、いずれはワールドカップやオリンピックに出場するような若い選手を、ここ大分から発信していきたいです。あとは現在一番強い韓国のチームに勝つことが目標です」(井さん)

決められた練習メニューをこなした後は、模擬試合が行われた。チームウェアも着用し、目指すはワールドカップだ!

オートバックスセブン 公式ECサイト

【問い合わせ】
日本ドローンサッカー連盟
https://japan-dronesoccer.com/

▼▼▼もっとドローンサッカーを詳しく知りたい方はコチラ!▼▼▼

特集「ドローンを使った新スポーツ【ドローンサッカー】が今キテる!」

※ドローンサッカー® の名称はAOSテクノロジーズ株式会社の登録商標です

(出典/「Lightning 2020年9月号 Vol.317」)