【浅草靴職人の愛用靴】グッドイヤー製法のアスレチックシューズを作りたかった「BROTHER BRIDGE」鈴木英明さんの HENRY

  • 2024.06.08

昔から靴職人が多い東京の靴の聖地、台東区浅草。そこで活躍する浅草靴職人たちの愛用靴とはどんなものなのか。「BROTHER BRIDGE」鈴木英明さんに愛用品とエピソードを訊いた。

デザインのモチーフとなったのはヴィンテージ。

「BROTHER BRIDGE」鈴木英明さん|2012年に靴職人としてキャリアをスタート。2014年にBROTHER BRIDGEを設立。「伝統と先進性の融合」をブランドのコンセプトにオリジナルシューズを展開している。https://brotherbridgetokyo.com

「高校を卒業する前から靴職人になる夢は描いていました。もともといろんなスポーツをしてきたので、スポーツシューズを作ってみたかったのですが、古着が好きだったこともあり、レザーシューズの世界も面白そうだなと」

高校卒業後、専門学校に通いその後、すぐに現場でしごかれたという鈴木氏。グッドイヤーの靴を作っていく中で沸々と湧いてきたのは、やはりスポーツシューズを作ってみたいという夢だった。そこで生まれたのがこのヘンリー。

「ボクシングをやっていたこともあって、ヴィンテージのアスレチックシューズをモチーフにしました。グッドイヤーのアスレチックシューズはありませんからね」

軽量で動きやすくかつ堅牢なグッドイヤーのレザーアスレチックシューズ。いまやBROTHER BRIDGEを代表するモデルとなっており、今シーズンも素材を変えてリリースしている。

「最初に作ったのは2020年。茶芯のホースハイドを使用したモデル。本物のアスレチックシューズ同様、ギュッと縛り上げたシューレースのデザイン、軽快な履き心地は僕自身も気に入っています」

4年ほど前にリリースした茶芯のホースハイドを使用したヘンリー。履き込んだことにより、表現された履き皺はホースハイドならでは。グッドイヤー製法で作られたアスレチックシューズは他では見られない逸品でシューレースがギュッと詰まったデザインが好き。

(出典/「CLUTCH2024年5月号 Vol.95」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部