歴史、モノ作り、スタイル。Schottのすべてがココに。Schott Grand Store TOKYO(東京・渋谷)

  • 2021.11.01 2018.06.23
  •              

2017年9月、渋谷区神南にSchott Grand Store TOKYOが誕生した。「100年ブランドが作る100坪のニューヨーク」をテーマに、広々とした贅沢な空間にSchottのフルラインナップを揃えている。アメリカの昔ながらのシアターをイメージした外観デザイン。日没後は美しくライトアップされ、一層雰囲気が増す。モーターサイクル、ロック、ウエスタンなどSchottが提案するスタイルがここで存分に味わえるのだ。それだけでなくSchottと親和性の高いブランドの小物類も充実しており、様々な歴史、モノ作り、スタイル。Schottのすべてがココに。要望に応えるレザーリペア工房も併設するなど、若者から大人まで多くの人が楽しめるショップとなっている。ホワイトとレンガ、木材を基調とした内装も、本拠地ニューヨークのヒップな空気感を漂わせている。群雄割拠の神南で、Schott Grand Store TOKYOが放つ存在感は格別だ。
見どころのひとつであるレザーアイテムコーナーで出迎えてくれるのは、Schottの不動の定番「ワンスター」の新品とヴィンテージを着せたトルソー。どちらもホースハイドを使用したモデルで、経年変化の様子と長年愛用できる高いクオリティを物語っている。
2
レザーコーナーの奥に構えているリペア工房ReSew。職人の上田氏が中心となり、Schottだけでなく、現行品もヴィンテージも、様々なレザーアイテムのリペアを受け付けている。パンツの裾上げもOKだ。気軽に相談に行ってみよう。
3
ショッピングの合間にひと息つける大きなテーブル&チェアを挟み、約200点を揃えるレザーアイテムコーナーへと続く。入口にはブルックリンの旧い工場地帯にあるような、レンガの高いアーチが架かっている。
4
100周年の2013年にリリースしたワンスターのパーツをディスプレイ。現オーナーらのサインや作業指示が書き込まれており、今もファミリー経営と職人ありきのモノ作りを守る真摯な姿勢が伝わってくる。
5
店舗面積は100坪を有しており、とにかく広い。ホワイトの壁や鉄、木材、レンガなどベーシックな色味と素材の中に、ネオンサインで作られた星条旗が映える。色々なセクションがありながらもゆとりの空間がしっかりと取られているため、リラックスしてショッピングを楽しむことができる。
6
Schottの定番スタイルのひとつであるウエスタンのコーナー。デニムアイテムをメインに、STETSONのハットやヴィンテージのデニムジャケットも合わせて販売し、よりリアルなオールドアメリカンスタイルを提案。
7
通りがかりの人も思わず目をとめてしまう、ショーウィンドー付近に鎮座する1954年式Harley‐Davidson FLが、半世紀以上にわたるアメリカンモーターサイクルカルチャーとSchottの密な関係性を象徴するSchottならではの視点で選ばれたアメリカや日本のブランドも多数セレクト。
8
ブーツ&シューズのコーナーは絶対的定番のRed Wingと、品質・センス共に世界的に評価を集めるYUKETENが並ぶ。
9
ネイティブアメリカンジュエリーの伝統を受け継ぐブランドLarry Smithの厳選されたシルバージュエリー。
10
アメリカの画家ニコラス・コールマンの絵画と日本のブランドOwl Songのコーナーは、旧きよきアメリカの風景を彷彿させる。
11
Zip Stevensonが手掛けるHTCやIrregulaRのアイテムは1点モノが多く、これだけの数が揃っているのは大変うれしいニュース。
12
クラシックなワークウエアをイメージした軽めの生地感&ワイドシルエットのデニム。どのようなジャケットでも相性が良く、重宝する1本(1万9440円)。
14
最後にSchottの代名詞「ワンスター」を紹介。強烈な主張がありながら、バイカーもロッカーもスケーターも、誰にでも似合うシンプルさが、現在も多くの人の心を掴む(10万5840円)。
【DATA】
●Schott Grand Store TOKYO(ショット グランド ストア 東京)
住所:東京都渋谷区神南1-5-4(1-5-4 Jinnan Shibuya-ku,Tokyo)
営業時間:11:00~20:00
電話:03-3464-1913
http://www.schott-nyc.jp
※本ジャーナルは、CLUTCH BOOKSより発行している『TOKYO SHOP STYLE』を再編集したものです。
(出典:『CLUTCH web』、写真:Jun Arata アラタジュン、文:CLUTCH Magazine 編集部)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア