カジュアルファッションブランド「ゴールデンベア」が主催する落語会「師匠お似合いですよ」を現場レポート!

  • 2024.06.18

カジュアルファッションブランド「ゴールデンベア」が主催する落語会「師匠お似合いですよ」が去る3月8日に開催。そのワンコーナーでゴールデンベアに身を包んだ師匠方のトークショーも大盛況。その模様を楽屋裏からレポートします!

妄想を飛び越え人気の噺家がカジュアルアップ

演芸専門誌『東京かわら版』で、「ゴールデンベア」が連載している『師匠お似合いですよ』。毎回ひとりの噺家を取り上げ、「もしゴールデンベアを着てもらうなら……」と妄想する、ユーモラスな内容で人気を博しているが、昨年からは妄想だけでは留まらず、実際に落語会を開催。今をトキメク噺家さんをお呼びして、幕間のトークショーでは「ゴールデンベア」の服を着ていただくのが、この催しの目玉である。

第2弾である今回は、そのスタイリングを光栄にも2nd編集部が担当。しっかり、セカンドらしくアメカジ風に味付けさせてもらった。去る3月8日。会場の日本橋公会堂は満員御礼。百戦錬磨の噺家さんが会場をドカンと笑いの渦で大いに盛り上げるなか、いつもの着物姿とは違ったカジュアルファッションで高座にあがる師匠方に客席も大歓声。普段から、噺のなかであらゆる役柄を演じるだけあって、服の着こなしも流石。ここでは、そのスタイリングを本誌編集長のコメントとともにお楽しみいただけると、これ幸い。

1.柳家喬太郎

カーディガン1万890円、ベスト1万890円、Tシャツ2090円、パンツ8690円/すべてゴールデンベア、その他スタイリスト私物

ロマンスグレーがダンディな柳家喬太郎師匠。ワントーンで揃えたお着物の写真が印象的でしたので、ゴールデンベアのカジュアルスタイルでそれを表現してみました。凹凸感があるドライタッチのリップル素材を使ったカーディガンは、これからの時期にとても重宝します。インナーにはヒッコリーストライプのベストを覗かせて、休日のくだけた印象に。ベストは気になる「ぽっこりお腹」を目立たなくさせる効果もアリですよ!

1963年11月30日生まれ、東京都世田谷区出身。1989年、柳家さん喬に入門。2000年3月、真打昇進。熊にまつわる思い出は、とある地方の落語会の打ち上げで熊の手を食べたこと

2.立川こしら

ジャケット9790円、半袖シャツ7590円、Tシャツ2090円、ショーツ7590円/すべてゴールデンベア、その他スタイリスト私物

年齢以上にお若く見えるこしら師匠には、是非とも「柄on柄」の上級テクニックに挑戦いただきたい。春らしい爽やかなブルーストライプとマドラスチェックの組み合わせは、アメリカ東海岸のエリートたちが好むリゾートスタイルです。ちなみに、「柄on柄」を難なく合わせるポイントは、柄の大きさをしっかり分けること。細かいストライプと大柄のチェックはとても相性がよく、清涼感と洒落感が相乗的に増して見えます。

1975年11月14日生まれ、千葉県東金市出身。1996年、立川志らくに入門。2012年12月、真打昇進。現在は北海道・旭川在住。憧れのおしゃれな人はC.W.ニコル

3.三遊亭萬橘

ジャケット2万6400円、シャツ9790円、Tシャツ2090円、肩に巻いたラガーシャツ9790円、パンツ9790円/すべてゴールデンベア、その他スタイリスト私物

萬橘師匠はファッションにあまり明るくなく、普段から着慣れた着物姿が多いと伺いました。そんな師匠には、汎用性の高いネイビージャケットを主役にした大人の休日スタイルを提案します。着こなしはあくまでカジュアルに少し遊びを加えるのが宜しいかと。レイヤードには清涼感のあるリネンシャツ、首元から覗くTシャツは今季ゴールデンベアがイチ押しするネオンカラーです。

1979年1月20日生まれ。愛知県豊川市出身。2003年、三遊亭圓橘に入門。2013年3月、真打昇進。上野動物園でソフトクリームを食べながらマレーグマを観るのが幸せな時間

4.林家つる子

ニットベスト8690円、ワンピース1万890円/ともにゴールデンベア、その他スタイリスト私物

紅一点、笑顔が素敵で快活な印象の林家つる子さん。プライベートでもトラディショナルなお召し物を好まれるようで、清涼感のあるストライプのワンピースもよくお似合いでした。夏は一枚で着ても十分素敵だと思いますが、まだ肌寒い日の多い、この時期は透かし編みが上品なニットベストが女性らしさをグッと引き立たせます。

1987年6月5日生まれ、群馬県高崎市出身。2010年、9代目林家正蔵に入門。2024年3月、真打昇進。テレビ・ラジオ出演など、落語の域を超えて活躍する注目株

【問い合わせ】
コスギお客様相談室
TEL0120-298-454
https://goldenbearstore.jp/

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部