デニム好きの洒落者が提案する、最新デニムオンデニムコーデ

  • 2024.06.08

デニムジャケットにデニムパンツを合わせる“デニムオンデニム”は誰もが1度は憧れる定番のスタイル。しかし、武骨すぎるが故に苦手意識を持つ者が少なくないのも事実である。そこで、デニムに一家言ある男たちのデニムオンデニムスタイルを参考にしてみよう。

1.「メイデン・カンパニー」リテイル事業部サブマネージャー・髙梨祐人さん

1994年生まれ、神奈川県出身。昨年ユーソニアングッズストアのディレクターからリテイル事業部へ。休日に美味しいランチを食べに行くことが最近のブーム

「デニムパンツにスウェット、デニムジャケットのデニムオンデニムのスタイルは学生の頃からブレない、僕のいつものスタイルです」

そう話してくれた髙梨さん。古着のデニムも好きなのだが、「ビーサイズ ジーンズ」のデニムがいま1番のお気に入り。

「なんといっても、この股上の深さが気に入っています。ウィメンズのパターンで作られているので、ウエストが細く、ヒップが大きめのシルエットも気に入っていて、色違い、同じモデルを5本持っているほど気に入っています」

【ポイント①】ビビッドなニットキャップがアクセントに

「アメリカントレンチ」のニットキャップは通年着用可。難しそうにみえるオレンジカラーは、意外と合わせやすい優れもの。

【ポイント②】春らしいカラーのデニムをチョイス

デニムジャケットには自身のトレンドだというイエローデニムを合わせた。別色にするだけで、一気に春らしいスタイリングに。

【“デニムオンデニム”ポイント③】アメリカンなキャンプモック

「大体、どんなスタイリングでもキャンプモックを履いています」と髙梨さんが言うほどに、どんなスタイルにも合わせやすい一足。

2.「GMT」プレス・ミウラシュランさん

2nd誌でもお馴染みのGMT名物プレス。ファッション業界人やクリエイターとのほろ酔いトークを繰り広げる連載「無礼講酒場」は次号(2024年7月号)で第50回を迎える

生粋の古着ラバーでもあるミウラシュランさんのデニムオンデニムは上下ともに「リーバイス」。ジャケットは通称“セカンド”、パンツは[501]の66後期とヴィンテージ好きにはたまらないデニムプロダクトを駆使した個性溢れるコーディネイトだ。

「自分にとってデニムは白米みたいなもの(笑)。デニムオンデニムも大好きですが、小物でアクセントをつけないとのっぺりと見えてしまいます。スカーフや革靴といった上品な要素を足すのが自分の中ではしっくり来るスタイルです」

【ポイント①】缶バッジ付きのデニムキャップ

ジャケットとパンツがデニムであるのに対してキャップまでデニムとなれば野暮ったく見える危険性もあるが、缶バッチがつくことで一気にキャッチーに。

【ポイント②】スカーフで上品さをプラス

巻き物もデニムオンデニムの武骨さを和らげてくれる手段のひとつ。「エルメス」のスカーフがコーディネイトに上品さをプラス。

【ポイント③】遊び心のあるイラスト入りのローファー

アーティストのイラストが入った「G.H.バス」のコンビローファー。面積こそ小さいがこの遊び心が大きな役割を果たしている。

3.「レミ レリーフ」デザイナー・後藤 豊さん

自然な加工とモダンなシルエットを掛け合わせたアイテムに定評のある「レミ レリーフ」のデザイナーにして、出版社や営業職も経験した異色の経歴の持ち主

リーバイスジャパンでの勤務経験を持つ後藤さんにとってのデニムはもっぱら「リーバイス」。なかでもお気に入りは1954年に「リーバイス」が西海岸から東海岸へと事業を拡大する際にフロントの仕様をボタンフライからジッパーフライに変更した[501ZXX]。ジャケットは「リーバイス」のセカンド、さらにライトオンスのカバーオールを羽織った個性的なスタイルを披露してくれた。

「昔はしなかったデニムオンデニムが今は気分。いかにきれいに、柔らかく着られるかを意識しています」

【ポイント①】ジャケットのボタンは上まできっちり留める

デニムジャケットはインナーとしても優秀。ボタンをきっちりと留めてシャツのように着ることで、カジュアルさを軽減してくれる。

【ポイント②】デニムオンデニムの上からさらにカバーオール

ジャケットとパンツよりも色落ちしたカバーオールを羽織ることでコーディネイトに奥行きが生まれる。ライトオンスなのもポイント。

【ポイント③】柔らかい印象のスウェード靴を

デニムオンデニムにエンジニアブーツは定番の組み合わせではあるもののややラギッド。スウェード素材を選べば柔らかくなる。

4.「リフレックス」オーナー・斎藤 徹さん

中目黒にて「ラルフローレン」を中心とした旧きよきヴィンテージを取り揃える「リフレックス」の名物オーナー。服好きであれば1度は足を運びたい名店だ

誰もが知る「ラルフローレン」のヘリテージライン「ダブルアールエル」が日本に上陸した90年代中盤にその準備段階から携わった斎藤さん。その当時から穿き続けている「ダブルアールエル」のデニムはまさに人生のパートナーとも言える。対してジャケットは「リー」のもの。

「コスプレのように着てもかっこ悪いし、難しく考えずに自然に着るのがいちばんです。上下のデニムの色は揃えずにあくまでもラフに、ウンチクやディテールではなく自分の感性で服を着ることが大切だと思います」

【ポイント①】ハットで爽やかな印象に

サラッと被ったハットが全体の印象を軽やかにしてくれる。またデニムのブルーに対してハットのベージュは配色の面でも好相性だ。

【ポイント②】シャツはラフに第2ボタンまで開ける

デニムオンデニムにおいて重要なのは、インナーに何をどう着るかだ。シャツを第二ボタンまで開ければ程よくラフな印象になる。

【ポイント③】レザーサンダルで軽快かつ上品に

レザーサンダルは上品かつ軽快さを演出してくれる便利なアイテム。レザーのカラーはよりカジュアルなブラウンを選ぶのがベター。

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部