昔から憧れるデニムパンツにジャケットのスタイルを、いまの気分で着こなす【SNAP】

  • 2024.06.06

アメカジ色の強いデニムパンツをトラッドに穿きこなす秘訣はジャケットを羽織ること。「アーカイブ&スタイル」代表の坂田真彦さんはデニムパンツにジャケットのスタイルに、若い頃からずっと憧れがあるそう。時間が経っても色褪せない格好良さを今に生かしたコーディネイトは必見だ。トラッド巧者たちのスタイルを見て、トラッドなデニムの着こなしについて考えよう。

普通というか、外さない王道な感じが最近また良い

「アーカイブ&スタイル」代表・坂田真彦さん|1970年生まれ。名だたるブランドのディレクター、デザイナーを経てアーカイブ&スタイルを設立。現在は地元和歌山でラジオパーソナリティーも務めるなど活躍は多岐に渡る

「デニムパンツにジャケットのスタイルには、ずっと憧れがあるんですよね」と若い頃に見た大人たちへの憧れを話す坂田さん。

「サイズ感は違うけれど、アンディ・ウォーホルとかがしていたスタイルは時間が経っても離れられない格好良さがあるんですよ。もちろん、時代が違うのと、自分らしさも大切にしてアレンジしてますが、スタイルへの憧れは変わっていません」

そんな坂田さんは最近、直球なスタイリングが気分だという。

「最近は外しすぎない、ちょっと直球なスタイルが好きですね。デニムにコードバンの『オールデン』みたいな、普通というか、外さない王道な感じが最近また良いんですよね」

ジャケットと肩掛けのニットはリネン素材。独特なシワ感と、いい意味で力の抜けた雰囲気は、作り込みすぎていない自然な印象
クッションさせたレングス長めのデニムに武骨な「オールデン」という、アメカジらしい、王道な合わせ方がここ最近の気分だという

主役のデニムがコチラ! リーバイスの501 ビッグE

23歳の頃、初めてヴィンテージを意識して買ったというデニム。本当はジャストサイズが欲しいところ、財布と相談し安かった大きめを購入したという。当時意図せずに買ったこのサイズ感がいま気分なのだとか。

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部