ジェントルマンのワードローブを占めるのは、英国ドレープ・スーツの最高峰、バタク。

  • 2023.01.19
  •              

ブリティッシュトラッドに魅せられ、四半世紀以上かけて自分なりのジェントルマン像を確立してきたイラストレーターのソリマチアキラさん。ジェンツな着こなしがよく似合う、ナイスミドルなビスポークの服の大半を誂えたというテーラー「バタク」を訪れ、オーナーの中谷広吉さんとビスポークの魅力を語ってもらった。

ソリマチアキラ|1966年、東京都生まれ。幅広い媒体で活躍するイラストレーター。独自のタッチで描かれるイラスト同様、本人もトラッドなスタイルを追求している

お堅くない英国スタイルを好む人のための理想郷。

ソリマチさんのワードローブは 大半がビスポークで誂えたもので、すべて「バタク」製。「いまでは観光地化してしまったサヴィル・ロウが、特に素晴らしかった3060年代の雰囲気をもった珍しいテーラー」とのことで、日比谷にある店舗を訪ねた。

サヴィル・ロウで修業を積んだ職人たちが手縫いをしている作業場もチラリと覗き見え、重厚な空気感に緊張を覚えながらもオーナーの中寺さんに話を伺う。

「英国と言えば、堅いイメージを持たれる方が多いと思いますが、我々もソリマチさんも基本的にはリラックス感のあるスタイルが好み。1930年代に英国で発案されたソフトテーラーリングの『ドレープ・スーツ』はスーツ史上はじめて『快適性』に目を向け、『柔らかな心地よい着心地』と『きちんとした構築的な仕立て映え』を両立させたもので、それを我々は作っています」

なるほど、ソリマチさんのようにこのムードに共感する洒落者にとっては、これ以上ないテーラーである。

「バタク日比谷」オーナー・中寺広吉さん

ソリマチさんが特に愛用しているビスポーク服。

かつてGQジャパンの連載で挿絵を担当していた音楽家・加藤和彦さんの影響を受け、オーダーしたカバートコート。英国人にとっては、スーツの上に羽織るなど、定番的なスポーツコートである。

最近オーダーしたというフォックスブラザーズの生地を使ったクラシックスタイルのスーツ。決してビジネススーツには見えないリラックス感のあるビスポークならではのシルエットに仕上げた。

30年代のハンティング系スポーツコートをイメージして製作。スポーティな動きやすいつくりながら、芯地を固くしたりヘビーなサキソニーの生地を採用したりと重厚感も漂う仕上がりに。

加藤和彦さんがサヴィル・ロウでオーダーしたというジャケットから、共布のくるみボタンや胸ポケットのフラップなどの意匠を踏襲。「あくまでソリマチさんの雰囲気で仕上げた」と中寺さん。

映画『007』でショーン・コネリーが着用していたジャケパンが元ネタで、 ラペル細めの60年代風デザイン。いわゆるコンジット・カット。ソリマチさんにしては珍しくやや構築的なデザイン。

シャツもバタクでオーダー。左からタブカラー、ラウンドカラー、レギュラーカラー。フィット感はインナーとしてジャケットの邪魔にならない程度に、ほどよくゆったりとしたサイズ感で統一。

DATA
バタク日比谷
東京都千代田区有楽町1-2-14 紫ビル2F
TEL03-5510-6902
営業/11:0020:00
休み/水曜

(出典/「2nd 20231月号 Vol.190」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア