ワーク×紺ブレは休日服の鉄板コーデ! 業界人のスタイリングサンプルを参考に

  • 2022.12.17
  •              

トラッドの定番紺ブレを休日に着こなしたい。そんなときにバランスよく見せるにはどうしたらいい? そんな疑問に答えるべく、業界人が着こなす紺ブレ×ワークの装いとポイントから今どきのスタイルを探ってみた。巧みなコーディネイト、ぜひ参考にして欲しい。

1.「ビームスF」ディレクター・西口修平さん

ビームスFのディレクターとして世界中の洒落者から注目を浴びる。インスタのフォロワー数がビームス全社において一番多いのも有名な話

アメリカ人がするブリティッシュスタイルではなく、イギリス人がするアメリカンスタイルでもない、日本人のためのブリティッシュアメリカンスタイルをテーマに巧みなコーディネート見せる西口さん。特にウールデニムブレザーにデニムシャツとデニムパンツを合わせたデニムonデニムonデニムによる構成がポイントとなっている。

「欧米人のために生まれたのがドレススタイルですが、日本人らしさがしっかり引き立つスタイリングを常々心がけています。それでいうとデニムを使ったワークスタイルミックスは常套手段であって、ドレスを着こなす上でのひとつの技だと思っています」

【着用したブレザー】STILE LATINO

ナポリ仕立てのワイドラペルを備えたアンコンジャケット。最大の特徴はウールコットン混紡のデニム生地であり、織りが甘く残念ながら製品化には至らなかったが、個人オーダーにて入手したという。

ネクタイは落ち着いた配色のレジメンタルタイをチョイス。デニムシャツとデニムジャケットが生み出すVゾーンを馴染ませるのにほどよい色合いがポイントとなる
ジャケットの上に羽織るアウターはバブアーの定番モデルであるビューフォート。デニムの青に枯れたオリーブが映え、袖口から覗くヴィンテージウォッチも雰囲気を助長

タイ17600/シーワード&スターン(ビームス ハウス 丸の内TEL03-5220-8686)、ジャケット/バブアー、シャツ/ビッグマック、パンツ/リーバイス、シューズ/チャーチ、時計/ジャガー・ルクルト(以上すべて本人私物)

2.「Jプレス&サンズ青山」スタッフ・新妻裕季大さん

Jプレスの旗艦店のスタッフとして活躍。休日は古着屋巡りが日課。「最近、釣りセットを入手したので、バス釣りを楽しみたいです」

風合いのあるシャンブレーシャツとデニムパンツを合わせた土臭いワークスタイル Jプレスのダブルの紺ブレをプラス。

「ジャケットはずっとシングル派だったけど、今季は俄然ダブルに注目しています。シングルよりボリュームがあるので、ワイドパンツと合わせたいですね。しかもこのジャケットはベーシックなボックスシルエットなので、ボタンを外して羽織ると、ゆったりしたシルエットが楽しめます」

冬に向けてスポーツ系のスタイルにも取り入れたいとか。

「あえてナイロン系のアイテムと合わせるのもいいかも。これから、いろんなカジュアルコーデを楽しみたいです」

【着用したブレザー】J.PRESS

定番のサキソニー4Bブレザーが、今季よりジャパンメイドにアップデート。「細部の縫製の緻密さは国産ならでは。高級感もアップしたと思います」。72600(Jプレス&サンズ青山TEL03-6805-0315)

レザーのマウンテンシューズは、グレーをベースにしたワークスタイルの、ほどよい差し色に。「適度なボリュームでナロー過ぎないトゥのシルエットがお気に入りです」
ヴィンテージのような風合いが出たシャツは、ワークアイテムらしいディテールもポイント。ゆったりした作りだから、こうしたダブルのジャケットにもマッチします」
デニムパンツは、ワイドシルエットが美しく見える2タックとハイウエストが特徴的。「デニム特有の落ち感を活かしたく、ワンサイズ上のモデルで着崩した感じにしました」

シャンブレーシャツ27500/クロデニム×Jプレス、デニムパンツ24200/クレスト(以上、Jプレス&サンズ青山)、ブーツ /ザ・ノース・フェイス(本人私物)

3.「Pt.アルフレッド」店長・本江浩二さん

1960年生まれ。富山県出身。数々の有名ブランドでたくさんの経験を経て、1988年に独立し、1994年にPt.アルフレッドをオープン

ファッション業界の生き字引的な存在でもある本江さん。紺ブレ×ワークウエアの コーディネイト、実は80sにトレンドになったことがあるそう。

80年代に某雑誌で紺ブレにワークウエアを合わせる特集が組まれ、ペインターパンツを合わせるのが流行ったんです。そんなトレンドを現代的にリバイバルしてみました。ペインターパンツはあえてダブルニーのヘビーデューティーなものを選び、インナーのワークシャツでバランスを取りました。

足元には 厚底にカスタムしたラッセルモカシンのトリプルヴァンプでボリュームを出し、パンツを少し下げ気味にすることで、いまっぽい印象に仕上げています」

【着用したブレザー】Pt.Alfred

オリジナルで製作したフラノ生地を使ったブレザー。そこにロンドンバッジの金ボタンをカスタムすることで、よりトラディショナルな印象に。パッチポケットがスポーティな印象を与えてくれる。

シャンブレーのワークシャツにはタイではなく、バンダナをコーディネート。ともに新品から使い込んだオシュコシュビゴッシュ。レアなドット柄は上品さも兼ね備える
80年代に手に入れたロンドンバッジの金ボタンをカスタムしているのもポイント。今も存在するブランドではあるが、当時のものは刻印が異なり、希少性が高いのだ
新品から穿き込んだカーハートのブラウンダックを使ったダブルニーのペインターパンツ。ペインターパンツで10本以上持っていたほど、大好きなボトムスのひとつだそう

ブレザー5600円、ハット13200/ともにPt.アルフレッド(TEL03-3477-7952)、シャツ、バンダナ/ともにオシュコシュビゴッシュ、パンツ/カーハート、シューズ/ラッセルモカシン(以上すべて本人私物)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202212月号 Vol.189」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア