【休日に紺ブレを正しく着る方法】ワークアイテムを使ったコーデサンプルを紹介。

  • 2022.12.13 2022.12.11
  •              

紺ブレはトラディショナルなアイテムだからこそ、休日に嗜むにはコスプレにならないような、それなりの着こなし術が必要。カジュアルダウンさせるうえで強力な武器となるのがワークアイテム。今回は紺ブレ×ワークのコーディネイトをご覧あれ。

【サンプル】ワークの2大定番でつくる休日トラッドの基本スタイル。

シャンブレーシャツ1万1880円/バズリクソンズ(東洋エンタープライズTEL03- 3632-2321)、デニムパンツ1万9800円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストアTEL03-5708-5586)、ブレザー13万2000円/ザ・リアルマッコイズ(ザ・リアルマッコイズ東京TEL03-6427-4300)、タイ1万6500円/インディビジュアライズドアクセサリー(ユーソニアン グッズストアTEL03-5410-1776)、ローファー17万4900円/オールデン(ラコタTEL03-3545-3322)、メガネ3万800円/バディ オプティカル(G.B.ガファスTEL03-6427-6989)、ソックス1980円/モクティ(ユナイト ナインTEL03-5464-9976)

シャンブレーシャツとデニムパンツ。ワークウエアのキーアイテムを合わせた着こなしはコッテリとした印象かと思いきや、ネイビーブレザーと同系色でまとめられるため案外落ち着いた印象。むしろ主張のあるダブルブレストやプリントタイでアクセントを加えたい。

【サンプル②】ルーズなシルエットを活かして穿くだけでカジュアルダウン。

ペインターパンツ1万9800円/リー×ビショップ(ビショップTEL03-5775-3266)、ブレザー5万7200円/ザ・スタイリストジャパンTEL03-3478-0144、シャギードッグセーター2万6200円/シェットランド ウーレン コー(グラストン ベリーショールームTEL03-6231-0213)、 BDシャツ2万9700円/インディビジュ アライズドシャツ(メイデン・カンパニーTEL03-5410-9777)、タッセルローファー9万2400円/クロケット&ジョーンズ(シップス 銀座店TEL03-3564-5547)、キャップ6380円/ブルースセントリック(メイデン・カンパニーTEL03-5410-9777)、メガネ4万4000円/アーチ・オプティカル(コンティニュエTEL03-3792-8978)

ハンマーループやL字型のツールポケットなど、特徴的なディテールを持つペインターパンツは穿くだけで自ずとリラックス感のある雰囲気に。さらにホワイトデニムやドリッピング加工が施された一本を選ぶと、より休日のカジュアル感を演出することができる。

【サンプル③】ウォッシュドデニムでミドルレイヤーに抜け感。

デニムジャケット1万7050円/リーバイス(ジャラーナ 御徒町駅前通り店TEL03-3834-0966)、ブレザー4万8400円/ブルックリンオーバーオール(ニコルプレス ルームTEL03-5778-5445)、BDシャツ2万8600円/インディビジュアライズドシャツ(メイデン・カンパニー TEL03-5410-9777)、ニットタイ1万7600円/シーワードアンドスターン(ビームス F TEL03-3470-3946)、チノパンツ3万800円/アナトミカ(アナトミカ 東京TEL070-3144-0378)、キャップ6930円/スマザーズ&ブランソン(セプティズTEL03-5481-8651)、メガネ4万7300円/ジュリアス・タート・オプティカル(G.B.ガファスTEL03-6427-6989)

BDシャツやチノパンツ、ローファーといった定番アイテムを紺ブレに合わせながら、明確に休日らしさを打ち出すべく差し込んでいるのが加工の効いたデニムジャケット。ベースボールキャップと共に休日の装いに奥行きを与える。

【サンプル④】モダンなワークアイテムなら程よいカジュアルダウンに。

ホワイトダックパンツ2万4200円/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョーTEL03-3402-9810)、ブレザー4万4000円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山店TEL03-6418-5712)、ニットベスト1万3200円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿TEL03-3746-5851)、BDシャツ2万9700円/インディビジュアライズドシャツ(メイデン・カンパニー TEL03-5410-9777)、シューズ4万2350円/レッドウィング(レッドウィング・ジャパンTEL03-5791-3280)、ベレー帽2万5300円/ロレール(クオリネストTEL03-6273-3536)、メガネ4万4000円/アーチ・オプティカル(コンティニュエTEL03-3792-8978)、バッグ2万900円/スロウ(スロウ自由が丘店TEL03-5731-3374)

パンツにはダブルニーやハンマーループなどのワークなディテールが盛り込まれながら、オーガニックコットンを使った白いダック地でクリーンな印象。黒スウェードを使ったポストマンシューズと異素材の妙を楽しんでみる。

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202212月号 Vol.189」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア