【休日に紺ブレを正しく着る方法】ミリタリーアイテムを使ったコーデサンプルを紹介。

  • 2022.12.13 2022.12.07
  •              

紺ブレはトラディショナルなアイテムだからこそ、休日に嗜むにはコスプレにならないような、それなりの着こなし術が必要。どこまでカジュアルに傾ける? トレンドと個性のバランスを取るならば、まずはミリタリーのエッセンスを取り入れたコーディネイトはいかがだろうか。

【サンプル】紺ブレ+カモ柄パンツに絶対の信頼をおく。

カーゴパンツ3万2780円/ファティーグ スラックス(莫TEL03-6300-5043)、ブレザー9万9000円/アクアスキュータム [email protected]、シャギードッグセーター2万6200円/シェットランド ウーレン コー(グラストンベリーショールームTEL03-6231-0213)、 BDシャツ2万6400円/アナトミカ(アナトミカ 東京TEL070-3144-0378)、タイ1万8700円/アーディアンドシー(ビームスF TEL03-3470-3946)、シューズ16万9400円//オールデン(ラコタTEL03-3545-3322)、傘2万8600円/トンボ洋傘前原光榮商店(前原光榮商店ショールームTEL03-3863-4617)、メガネ3万9600円/アーチ・オプティカル(コンティニュエ TEL03-3792-8978)、ソックス3740円/パンセレラ(真下商事TEL03-6412-7081)

詰まるところ、紺ブレを休日に着る最もベーシックなカジュアルダウンは「ミリタリーアイテムを活用する」こと。ウッドランドやチョコチップなどの定番カモ柄パンツは紺ブレと無類の相性を魅せる最適解と心得てほしい。

【サンプル②】トレンチの隙間から覗くメタルボタンのアクセント。

トレンチコート15万4000円、ソックス4290円[3Pパック]/ともにアナトミカ (アナトミカ 東京TEL070-3144-0378)、ブレザー8万5800円/オールド イングランド(オールド イングランド 広尾店TEL03-3443-2002)、シャツ1万8700円/コーディングス(真下商事TEL03- 6412-7081)、ニットタイ1万3200円/アピースオブシック、シューズ5万3900円/サンダース、バッグ2万4200円/ J&S フランクリン(すべてグラストンベリーショールームTEL03-6231-0213)、デニムパンツ2万7300円/セラー ドアー(アントリムTEL03-5466-1662)、メガネ3万9600円/アーチ・オプティカル(コンティニュエTEL03-3792-8978)

紺ブレの上から羽織ったのはミリタリーを出自に持つトレンチコート。質実剛健なアイテムにはブレザーも英国的な威厳を備えるダブルブレストを選びたい。もちろんシャツもタッターソール柄で鉄壁のブリティッシュ縛りだ。

【サンプル③】紺ブレにパンツとシューズでミリタリーのエッセンスを注入。

ファティーグパンツ3万800円/エンジニアド ガーメンツTEL03-6419-1798、ブレザー5万8300円/J.プレス オリジナルズ(J.プレス & サンズ 青山TEL03-6805-0315)、ニット1万9800円/ビンガムトン・ニッティング(グーニー PR TEL03-6441-2142)、シャツ2万7500円/ザ・スタイリストジャパンTEL03-3478-0144、ニットタイ1万3970円/サウスウィック(シップス 銀座店TEL03-3564-5547)、シューズ5万2800円/サンダース(グラストンベリーショールームTEL03-6231-0213)、メガネ3万8500円/アヤメ(G.B.ガファスTEL03-6427-6989)

ネイビーブレザーとファティーグパンツのカラーリングが同調。パンツのコットンヘリンボーンツイル素材で少し骨太な印象を醸しながら、サービスシューズのスウェード素材で品のいい柔らかなコーディネイトへと着地させた。

【サンプル④】迷彩柄のワイルドネスで骨太な紺ブレルックを構築。

ミリタリーパーカ9800円/UKアーミー(エスアンドグラフ 東京店TEL03-5818-5278)、ブレザー9万9000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店TEL03-6384-5763)、バンドカラーシャツ2万2000円/サウンドマン(サウンドTEL03-5725-1520)、スラックス3万1900円/バーンストーマー(ヘムト PR TEL03-6721-0882)、スカーフ1万6500円/ヴィンセンツォ ミオッツァ(真下商事TEL03-6412-7081)、シューズ515ポンド/トリッカーズ×2nd×クラッチカフェ(クラッチカフェ https://clutch-cafe.com/)、メガネ5万5000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウTEL03-3409-7285)

ダブルの紺ブレにグレーのスラックスという定番の組み合わせ。これが保守 的な趣きで退屈に見えてしまわないように、首周りに巻いたスカーフでエレ ガンスを。重ねたUKアーミーの迷彩パーカでワイルドさをプラス。

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202212月号 Vol.189」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア