業界人のこだわり愛用靴とは?「サーティーファイブサマーズ」PR・ 信岡淳さんが愛する4足のオールデン。

トラッドな服好きたちには、決まって革靴愛の強い人が多い。まるで我が子を愛するかのようにそれぞれの革靴に名前をつけて……、とまではいかないが、所有する靴ひとつひとつにストーリーがあって愛着を持って育てているということには間違いない。ここでは、彼らの膨大なコレクションのなかから、とっておきの4足を厳選。今回は、「サーティーファイブサマーズ」PR・信岡淳さんの愛用靴を拝見!

抜群の履き心地と愛嬌ある作り。だからオールデンはやめられない。

ジャケット/ アナトミカ、ベスト/ アナトミカ、シャツ/ 古着、ボトムス/アナトミカ

これまでに革靴は、名だたるドレス靴やマンソンラストのUS ネイビーものなど様々履いてきました。しかし、最終着地点はオールデン。はきやすいのはもちろんですが、何より緊張感のある完璧な一足とは違い、いい意味での作りの粗さに愛嬌を感じます。

アナトミカ バイ オールデン|アナトミカを国内で展開する以前に、パリで購入したアナトミカ別注のインディーブーツ。かれこれ20年ほどはき続け、ソールも3回、4回は変えました

例えば、ボスに「これは買っておけ」と勧められたアナトミカ別注のインディブーツ。モディファイドの包容力は素晴らしく、個人的感覚とし
てはコンバースのオールスターに近い。なので、今回のようなヨーロッパ風な着こなしはもちろん、リーバイス®の70505に501®にもしっくりくるんですよね。

【お馴染みの一足】オールデン

黒プレーントゥはこれでもう3足目。コードバン仕様のアナトミカ別注で、レースホールに裏カンがあったりライニングの一部がキャンバスだったりと芸の細かさが目を引きます。

【先輩たちの教えに倣った一足】アナトミカ バイ オールデン

10歳以上の大先輩たちから言われ続けたのが「オールデンならVチップのモデファイドラストは基本」ということ。その教えに倣って。これもまたカーフ素材のアナトミカ別注。

【オールマイティな一足】アナトミカ バイ オールデン

ペニーもいいですがオールデンのローファーといえばタッセル。こちらはコードバンを採用していて、スーツ時はもちろんカットオフジーンズに素足でも合わせられる万能派。

断然革靴派な皆さんの靴選び、コレクションを拝見すると、次なる一足への欲望がふつふつとわいてくるはず。ぜひ参考に、出会いを求めて街へと出かけてみてがいかがでしょうか?

(出典/「断然革靴派 2nd 20224月号増刊」)