業界人のこだわり愛用靴とは?「サンカッケー」デザイナー・尾崎雄飛さんお気に入りの4足を拝見!

トラッドな服好きたちには、決まって革靴愛の強い人が多い。まるで我が子を愛するかのようにそれぞれの革靴に名前をつけて……、とまではいかないが、所有する靴ひとつひとつにストーリーがあって愛着を持って育てているということには間違いない。ここでは、彼らの膨大なコレクションのなかから、とっておきの4足を厳選。今回は、「サンカッケー」デザイナー・尾崎雄飛さんの愛用靴を拝見!

運命的な出会いを果たした’50年代のデッドストック。

ブレザー/ヴィンテージ、シャツ/ヴィンテージ、パンツ/ヴィンテージ

僕にとっての靴は、いい意味で服の脇役。だからこそ、ありとあらゆるタイプが欲しいんです。最近は感じのいいヴィンテージブレザーを手に入れたので、それに合わせるロングウィングの黒靴を探していました。

J.C.ペニー|アメリカントラッドな装いには、ロングウイングの一足は外せませんね。こちらは、綺麗に左右対称を描く吊り込みなど、作りの良さが光ります

で、この’50年代のデッドストックと出会ったんです。アメリカで売られたけどメイド・イン・イングランドで、アメリカが英国に憧れていた時代のもの。繊細な縫い目など、現行にはない雰囲気がたまりません。そしてなにより、サイズがバッチリ。まさに運命でしたね。ちなみに、外で履くのは今日がはじめて。うん、やっぱりいいなあ。

【履く度に背筋が伸びる一足】ジョンロブ ロンドン

こちらは人生初のビスポークシューズですね。10代の頃から、ジョンロブのロンドンの工房には特別な思い入れがありました。深いミッドナイトブルーがロングノーズに映えます。

【ドレスとは? を再認識する一足】サンカッケー×フラテッリ ジャコメッティ

エキゾチックレザーを使うコラボは恒例ですが、なかでも革の配分がよくできた、個人的にお気に入りの一足。遊び心に富むデザインでドレス靴の自由度が表現されています。

【デニムに合わせたい一足】ビスポークシューワークス ユイゴハヤノ

伊勢丹の受注会でデザイナーにお会いし、バタフライスリッポンをフルオーダーしました。テーマはズバリ、デニムに合う靴。ライニングもデニムカラーにアレンジしています。

断然革靴派な皆さんの靴選び、コレクションを拝見すると、次なる一足への欲望がふつふつとわいてくるはず。ぜひ参考に、出会いを求めて街へと出かけてみてがいかがでしょうか?

(出典/「断然革靴派 2nd 2022年4月号増刊」)