業界人のこだわり愛用靴とは?「グラッシーズ」常務取締役・漆畑博紀さんお気に入りの4足を紹介!

トラッドな服好きたちには、決まって革靴愛の強い人が多い。まるで我が子を愛するかのようにそれぞれの革靴に名前をつけて……、とまではいかないが、所有する靴ひとつひとつにストーリーがあって愛着を持って育てているということには間違いない。ここでは、彼らの膨大なコレクションのなかから、とっておきの4足を厳選。今回は、ビグラッシーズ常務取締・漆畑博紀さんの愛用靴を拝見!

Vチップの独特な愛嬌とカーフのラフな質感が好み。

ジャケット/ アナトミカ、パンツ/ビルズカーキ、メガネ/トリップ

オールデンのV チップは、僕が初めて購入した高級靴。20代の駆け出しの頃に買って、ソールを直しながら20年以上履いています。

オールデン|10足以上所有するオールデンの中でも、特にユーティリティなモデル。カジュアルにもフォーマルにも合う、適度に力が抜けた空気感がいいですね

キレイめではあるけれど、独特な愛嬌があるから嫌味にならない。個人的にはコードバンのオイリーな感じよりも、カーフのラフな質感が好みですね。カジュアルにもドレスにも程良くマッチするから使いやすく、今日みたいなフレンチワークにもハマります。

靴が黒の場合はメガネも同じトーンで合わせがちですが、今回は春を意識してクリアのサーモントをチョイス。重たくならず清潔感も出せるのでオススメですよ。

【使い勝手抜群の一足】グレンソン

アーカイブコレクションのストレートチップです。一見ぽってりとして見えますが、履くとスマートにまとまります。街使いはもちろん、冠婚葬祭も僕はこれでいきますね。

【最近お気に入りの一足】オールデン

甲にブロードアローの刺しゅうをあしらった変わり種。着こなしのアクセントにも最適ですし、会話のきっかけにもなってくれます。紐をオリーブカラーに変えても洒落ますよ。

【春夏にオススメの一足】パラブーツ

ブラウンはリネンの服と相性抜群ですし、暖かい季節に履きたくなるのがこのアドニス。ソールはレザーのドレス仕様ですが、時には素足履きで爽やかに合わせるのもいいですね。

断然革靴派な皆さんの靴選び、コレクションを拝見すると、次なる一足への欲望がふつふつとわいてくるはず。ぜひ参考に、出会いを求めて街へと出かけてみてがいかがでしょうか?

(出典/「断然革靴派 2nd 2022年4月号増刊」)