断然革靴派の革靴コレクション拝見!<第5回>「ロフトマン」代表・木村真さん

業界きっての断然革靴派たちが数えきれないほど手にしてきた革靴のなかには、長年ともに歩んできたものもあれば、手放すことになったものもあるそんな出会いと別れのなかで研ぎ澄まされていった愛靴コレクションを紹介。今回は、数々の斬新な別注を仕掛け注目を集めてきた「ロフトマン」代表・木村真さんを取材!

大人が履くカジュアル革靴はさりげない端正さがキモ。

「ロフトマン」代表・木村真さん|高校時代の後輩が働いていた縁もあり京都の名店、ロフトマンに入社。以降ストアマネージャー、バイヤーなどを歴任。数々の斬新な別注を仕掛け注目を集める。45歳の時に社長に就任し、昨年都内に東京店もオープン

「思い返せば、これまで足元は革靴が多かったですけど、どちらかというと僕はアメカジ側の人間。手に取るものも、レッドウィング、ダナー、ラッセルなどが大半を占めます」

カジュアルな革靴を嗜好する木村さんだが、それはある考えに基づいてのこと。

「バイクで通勤している時はハイカットのブーツが主流でしたし、店頭に立っている時は履きやすいデッキシューズやチャッカブーツになる。靴はライフスタイルの合わせ鏡のようなもの。我慢して履くものではないと思っています」

今はというと、社長業に従事していることもあり歩きやすく端正にも見えるこのトリッカーズが活躍中とか。

「7年前に別注したモデル。それまで茶靴しか履いてこなかったので、その反動ですかね。表革だとパンクになっちゃうんで品よくスウェードでメダリオンも抜いてもらいました。しかも形はチャッカ型なので楽なんです」

年齢を重ね、モノトーンに興味を持ち始めた最中の英国靴。木村さんの代名詞でもあるフレンチとアメカジにもどうやらしっくりくるようだ。

大人のワガママを受け止める一足。木村さんこだわりのコレクション。

【革靴コレクション①】パラブーツ

「45歳で社長に就任し、あらゆる人とお会いする機会も増えました。アパレルのデザイナーさんやブランドのディレクターさんはもちろん、銀行マンにディベロッパーさんなどなど。カジュアルなものばかり身につけていては失礼にあたりますよね。そこで活躍するのがパラブーツのランスです。雨にも強いし、シュッとも見える。例えば、昨年の秋に別注で作らせていただいたこちら。波型のウェルトに白ステッチではどうもワーク感が抜けません。そこで、ストレートウェルトにし同色ステッチを採用しました」

【革靴コレクション②】ティンバーランド

「5年前、取引先で目にし大学時の熱狂ぶりを思い出しました。ただ、一足購入したが最後。今はもう頼りっきりです。EGの鈴木大器さんやスタイリストの長谷川昭雄さんともその話で盛り上がりました」

【革靴コレクション③】ラッセルモカシン

「クオディのモカシンのようにペタッとしたデッキスニーカーを履きたいと思って作りました。2015年の別注で、“ラッセル” はポテッとした姿がお馴染みですがこちらではヌバックで上品に仕上げました」

【革靴コレクション④】クラークス

「今では珍しいUK製のチャッカブーツ。8年ほど前に沖縄へ行った際、軍人さん向けに洋服を販売しているところがあって、そこで紐なしのこちらを見つけました。しかも、価格は驚異の6000円」

【革靴コレクション⑤】エル・エル・ビーン

「日本は高温多湿で雨も多い。となると当然革底ではしんどいですよね。しかも僕は、腰が悪いので硬めのソールが苦手なんです。その点、ビーンブーツは実に頼り甲斐のある靴。もうかれこれ20年以上の付き合いで、必ず常備。今も6足ほど所有していて、雨の日などに獅子奮迅の活躍をしてくれます」

(出典/「断然革靴派 2nd 2022年4月号増刊」)