2nd編集部パピー高野が新世代バッグの使い心地を大検証!

  • 2021.10.26 2021.05.21
  •              

こんにちは!2nd編集部のパピー高野です。早速ですが、皆さんは普段どんなバッグを使っていますか? 今の時代はミニマルなバッグが主流で、手ぶらで外出している人も多いと聞きます。でもさすがに手ぶらは厳しいと思いませんか?

仕事ではPCやノートを持ち運ぶし、プライベートでも長財布や文庫本など、なにかとバッグは手放せないアイテムです。であれば、せめて“必要最低限”の荷物を持ち運ぶことのできる容量は欲しい。

そこで、今の時代にぴったりなバッグの形を提案し続けるMIS(生粋のMade in U.S.A.ブランド!)から、いくつか新作をピックアップしてみました。しかも選んだものはすべて、荷物の量やシチュエーションによって形を変えられる2WAY仕様。この無駄のなさも実に現代的!

そんなバッグを“新世代バッグ”と勝手に名付け、使い心地を検証してみました。

見た目の個性も◎。コンプレッションスタッフサック

ベースとなったのは、戦時下における負傷者の身の回り品を収納する“ペイシェントバッグ”。ウレタンコーティング加工を施したデュポン社製500デニールのコーデュラナイロンを使用。耐水性と耐久性に優れる。高さ約35.5 ×直径約22.5cm。9900円

巾着型のデザインが愛らしい[コンプレッションスタッフサック]は、負傷した兵士たちが持ち物を入れていた“ペイシェントバッグ”と呼ばれるミリタリーアイテムがデザインソース。ほかにもこのようなデザインのバッグはいくつかありますが、巾着型というとやや女性的なイメージが強いなか、男性でも気兼ねなく使いやすいデザインは珍しい。また、その他の特徴として耐水性と耐久性に優れています。これはミルスペック(アメリカ軍の調達する物資が満たすべき条件)に準拠したアイテムを展開するMISならではの仕様です。

口が大きく開くドラム型の形状は、物を出し入れするのに便利。必需品はもちろん、かさばりがちな衣類や寝袋などもざっくばらんに収納できます。夏の冷房対策に、薄手の上着を入れられるのはありがたいですね。

手持ちも可愛いですが、現代的ニーズに合わせてストラップが長く設定されているので、肩掛けできます。先にも述べたとおり、ペイシェントバッグ自体はたくさんありますが、基本的に手持ち前提なものが多いので、これもMISならではの嬉しい特徴。

“新世代バッグ”たる最大の所以はこの2WAY仕様にあり。荷物が少ない日は、調節用ストラップをボタンで留めればグッと短くコンパクトになります。ミニマル化の時代に即した実用的なつくりですね。

このサイズのサコッシュが欲しかった! 2WAYポーチ

コーティングが施された420デニールのパッククロスナイロンを使用し、耐水性・耐久性に優れる。単体ではポーチとして、同梱されているショルダーストラップを使えばサコッシュとして使用可能。幅約30.5×高さ約23 cm。1万120円

続きまして、ミニマル化に伴って大ブームを巻き起こしたサコッシュ型。耐水性・耐久性も高いですが、これはもうMISのお家芸ですから詳しくは延べません。まず特徴のひとつとして、一般的なサコッシュよりもやや大きいサイズ感が便利。リュックだと大きすぎるけど、通常のサコッシュでは小さすぎるという人におすすめです。シンプルなデザインと豊富なカラバリも魅力ですね。

長財布がすっぽり収まるサイズ感がちょうどいい。ほかにもノートや文庫本、タブレット端末が余裕で入ります。ブラックカラーなら、出張時なんかでも重宝しそう。

そしてこちらも2WAY仕様。同梱のストラップを取り付ければ、これひとつで外出できるサコッシュに。逆にストラップを取り外せば、バッグインバッグとして使うこともできます。荷物の多い出張や旅行時に小物をまとめるポーチとしてスーツケースのなかに入れておき、街に出るときにはサコッシュとして使う、といったことができるワケです。ひとつで二度美味しいとはまさにこのこと。

シンプルisベスト。ガサツに使いたい2WAYショルダーバッグ

デッドストックのゴアテックス生地を使用しており、ちょっとした雨なら問題なく使用可能。15Lもの容量を持つ大きな袋状のデザインながら、軽量性にも長けている。幅約47× 高さ約42×奥行き約16cm。1万1550円

今回紹介した“新世代バッグ”のなかで、[2WAYショルダーバッグ]がもっとも容量が大きい。しかし超軽量で、エコバッグ的な使い方もできるという点においてミニマル主義な現代にも十分マッチしています。ウッドランドカモのデザインも、ファッション性が高くていいですね。

クルっと丸めてストラップでくくれば、軽量ながらミルスペックに準拠した“究極にハイスペックなエコバッグ”に。エコバッグを持ち運ぶ機会が増えた今にこそふさわしい“新世代バッグ”らしい使い方です。

冒頭で述べたように、生地はデッドストックのゴアテックス。しっかり撥水してくれるので、梅雨の季節にも重宝します。言わずもがな耐久性も高いため、アクティブなアウトドアシーンなどでも大活躍間違いなしです。

シンプルな2WAY仕様。ハンドルを持てばトートに、ストラップを肩にかければショルダーバッグになります。あえて荷物を少なめにして、クシャッと小脇に抱えてもカッコいいですよ。また、素材が雨に強く頑丈なので、細かいことは気にせずガシガシ使いたいですね。シンプルながら懐の深さと柔軟性を持ち合わせた、パピー高野お墨付きの“新世代バッグ”です。

以上、いかがでしたか? 時代の動きに対応していくように、バッグも大きく進化しています。使い心地を第一に考えられた“新世代バッグ”がこれからのスタンダードとなっていくのは間違いありません。変わりゆく世の中だからこそ、変わらない“良いモノ”にアンテナを張り続けていきましょう!

【問い合わせ】
カメイ・プロアクト
TEL.03-6450-1515
https://bit.ly/3fxNhS3

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア