イタリアの老舗ブランド「スペルガ」のプレミアムラインは、 別格スニーカーが大豊作!

    #PR

1911年にイタリア・トリノで創業したスペルガ。本格的なスポーツシューズとして数多くのアスリートたちの足元を支え続け、現在では世界中からファッションアイコンとして認知されるまでに成長。ローテクの親しみやすさと、ヨーロッパ生まれならではの上品さを兼備した稀有なスニーカーが揃う。

ただでさえローテクスニーカー好きの物欲を刺激するスペルガだが、2020年秋冬よりメンズ初となるプレミアムライン「アーティファクト バイ スペルガ」を展開。日本人デザイナー菅谷鉄兵氏がデザインを手がけ、通常ライン以上に細かなこだわりを詰め込んだスペシャルラインだ。

2シーズン目となる今季も、堂々たる佇まいのラインナップが揃う。

3つのカテゴリを通して受け継がれる「スペルガ」のDNA。

100年以上もの長い年月をかけて脈々と受け継がれてきたスペルガのDNAに、デザイナー菅谷氏による日本人ならではの細かすぎる(!?)こだわりを落とし込んだ「アーティファクト バイ スペルガ」。工芸品や文化遺産を意味する“Artifact”の名のとおり、芸術作品のようなデザインや機能美を備えている。さらに、本コレクションは「ミルスペック」「ワークス」「デック」という3つのカテゴリに分類される。それぞれに個性を放つ珠玉のラインナップをご堪能いただきたい。

3つのカテゴリに共通するユニークなディテール。

ダイヤモンドバンパー

スペルガのフォクシングテープ部に刻まれている細かな正方形を45度回転させた、ユニークな“ダイヤモンドバンパー”。その名のとおり、ダイヤモンドのような形状が見た目に重厚感を生む。

ファッジホイール

“ファッジホイール”というパーツを使用し、アッパーにフォクシングテープを接着。これにより粘着性が増して丈夫になる。

蝋引きシューレース

耐久性とグリップ力を高めるために、ワックス加工を施したシューレース。見た目にもクラシカルな雰囲気が増す。

ヒールパッチ

ブランドのDNAに敬意を表し、ヒールパッチのロゴは50年代製スペルガのテニスシューズのデザインを採用。

ミリタリーらしい重厚感のある「ミルスペック」。

丈夫な日本製のキャンバスアッパーや、スペルガのアーカイブに見られるカレンダーソールなど、ミリタリーらしいデザインを盛り込んだ重厚感のあるカテゴリ。スニーカーを主役にしたコーディネイトを楽しめる。各1万6500円

日本製キャンバスアッパーとカレンダーソール。

岡山県にあるデニム生地メーカー「コレクト」は、希少な旧式力織機や染色加工機を使用する日本では数少ない工場のうちのひとつだ。アッパーには、そんな有数の技術力を誇るコレクト製のキャンバスを使用している。

ソールは、50年代にスペルガがワークブーツに採用していたものを再現した通称“カレンダーソール”。

「ミルスペック」をテーマにした編集部コーディネイト!

編集部パピーの私物を使用した、等身大コーディネイトをお披露目。「ミルスペック」というカテゴリテーマにもとづいて、ジャングルファティーグジャケットやチノパンを取り入れてみた。カラーソックスをパンツの裾からチラ見せすれば、足元の存在感をより強調できる(さらに、厚手のソックスを弛ませて履くのがパピー好み)。夏はぜひショーツと合わせたい!

アッパーにモールスキンを使用した「ワークス」。

フランスの旧いワークジャケットによく見られる人気素材モールスキンのアッパーと、70年代製スペルガのアーカイブに採用されていたカップソールで、クラシックなワークスタイルを体現。各1万4300円

モールスキンアッパーとカップソール。

重厚感のあるモールスキン素材は、耐久性が高くワークウエアに多く採用されていた。こちらもコレクト製の生地を採用しており、経年変化によるアジも楽しめそうだ。

ソールは、1枚のラバーで構成される“カップソール”。70年代製スペルガのアーカイブに使用されていた。

「ワークス」をテーマにした編集部コーディネイト!

ワークウエアと言えば真っ先に思い浮かぶデニムカバーオールを取り入れたコーディネイト。重厚な“ロイヤルブルー”カラーは、アクセントとして使うもよし、パピーのコーデのようにネイビー系でまとめてもよし。一見合わせづらそうだが、その汎用性は意外にも高い。

さわやかに休日スタイルを彩る「デック」。

スペルガで定番的に使用されるキャンバスアッパーとラバーソールを使用したカテゴリ「デック」。「ミルスペック」や「ワークス」に比べると、もっともヌケ感があるので休日のラフなスタイルに合わせたい。各1万1000円

キャンバスアッパーとラバーソール。

約100年間にもわたってスペルガのスニーカーに使用されてきた、クラシカルなキャンバスをアッパーに採用。耐久性と通気性が高く、カジュアルな休日スニーカーにぴったりだ。

ソールは伝統のラバーソール。ラバー製品を生産する会社を起源とするスペルガのアイコン的意匠であると言って差支えないだろう。不規則な質感と色味から、“オレンジピール(みかんの皮)”と呼ばれている。

「デック」をテーマにした編集部コーディネイト!

「ミルスペック」「ワークス」に比べて、ポジティブな意味で重厚な雰囲気が少ないため、上品さのあるコーディネイトに向く。「デック」というテーマどおり、ベレーやバスクシャツでマリン感を演出。スペルガを含む、ヨーロッパらしいエレガンスを随所に盛り込んだ“大人のラフな休日”コーデだ。

もっと詳しく知りたい方はこちら!

【問い合わせ】
カメイ・プロアクト
TEL.03-6450-1515

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア