マンバンヘアからロン毛まで、下ろしても結わいてもキマる髪型6選。ヘアアレンジ術も教えます!【2022年版男性ヘアカタログ】

ジワッてる、男性(Man)のお団子(Bun)ヘアマンバン。今夏やるなら、ビシッとタイトにまとめるんじゃなくて、トップを引き出したり毛先をフリーにして抜け感を作るのがポイント!

目次

1.職種によってはサラリーマンでもいける! ちょっとクラシックな外国人風マンバン

有山滉大(C・crew)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

海外のクラシックな男性をイメージしたナチュラルなマンバンヘア。刈り上げは0.44.5mmのフェードにし、お団子も濡れたままさらっと結んでキマるようなカジュアル感を出して。きっちり結ぶと強い印象になるのでトップを引き出したり、毛先をそのままにしたりと遊びを作ったほうが今っぽく仕上がる。

POINT1】やり過ぎない大人フェード

街になじむ大人スタイルを目指すなら、スキンだと個性が強すぎるのでNG。フェードに刈り上げるとナチュラルに仕上がる。

POINT2】面をタイトにしない

トップに遊びがないと、硬くなりすぎるし新鮮味もない。引き出すことで立体感も生まれるし、抜け感が作れるので今年っぽくなる。

POINT3】抜け感が命!王道アーバンストリートで決める!

キューバシャツ×ワークパンツのキメすぎない少し抜け感を持たせたアーバンストリートファッションにもマンバンがマッチする。

下ろしてもカッコよく決まる!

下すときは片側にガッと寄せる。クセ毛を生かして、セミウェットでウェーブ感を楽しめる。直毛なら毛先メインのランダムパーマでラフな質感をプラス。

2.個性あるカジュアルを楽しみたいなら、サーファー系マンバン

MINATO(Love’Lock)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

長い髪を生かしてお団子の結び方にこだわったマンバン。ウェーブとハイライト&ローライトがいいアクセントになっている。西海岸のサーファーやスケーターのようにクセ毛っぽさをイメージしたスパイラルパーマに長さを生かしてお団子は2回くるりんぱしてから巻き付ける。

POINT1】長さを生かした結び方

長さがあるので、2回くるりんぱして巻き付ける。ほどけにくくなるし、全方位から引き出せるのでシルエットがキレイになる。

POINT2】ハイライトを生かす

パーマもあるのでトップは引き出して筋感を作る。ハイライトとローライトが生きて立体感が生まれ、お団子とのなじみがいい。

POINT3】こなれ感がたまらない! 西海岸あたりのサーファー

西海岸あたりのサーファーをイメージしたルーズカジュアルのこなれ感と、パーマ×ハイ&ローライトの筋感が絶妙にフィット。

下ろしてもカッコよく決まる!

サーフ系とストリート系のミックススタイル。ボリュームを抑えたスパイラルパーマに、下ろしてもアクセントになるようにハイライトを入れている。

3.キレ味バツグンの白黒コントラストがハマるマンバン

川邊大蔵(CHILL CHAIR 中野店)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

サイドに入れた波模様のラインアートや、お団子部分のハイトーンなど、夏感を散りばめたマンバン。境目の直下に黒いラインが見えるように刈り上げ、メリハリあるスキンフェードに。バックもV字にすることでよりシャープさを出している。

POINT1】ラインアートで個性的に

波をイメージしたラインアートを入れて夏感をアップ。コントラストが強いヘアスタイルなので、柔らかい曲線がちょうどいい。

POINT2】メリハリがつくスキンフェード

スキンフェードにすることで、トップとメリハリがついてスタイルにキレが出る。バックもV字にすることでよりシャープな印象に。

POINT3】波ラインで気分は海!ヤンチャなハイトーンバン

夏感を引き出すラインアートと融合したデザインマンバンが、シンプルなブラックコーデにインパクトを与える。

下ろしてもカッコよく決まる!

片側に寄せたツーブロックスタイル。ラインアートが隠れ、ハイトーンも地肌と馴染むので浮いてる感が出ない。

マンバン気分が味わえる、結って楽しむロン毛アレンジ集。

マンバンではないもののロングヘアなら髪を結ってみるのもアリ! ここからはロン毛を結う、男っぽい色気を感じさせるアレンジを紹介。

1.後れ毛がセクシーなハーフアップ

Mitsuo Hayasaka(mitsuo hair)
フロントショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

顔まわりに作った後れ毛がセクシーかつ、抜け感をもたせたスタイル。ラフでアンニュイな雰囲気がこなれた感を出してくれる。ひとつに結んだあと、2段階に分けて根元に巻き付けてバランスをとるのがポイント。

【結う前はこの長さ】

顔まわりにレイヤーを入れ、毛先のみ軽さを出した鎖骨ラインのワンレングス。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.アイロンで巻く。

全体を25mmのアイロンで、斜めにランダムに交互に巻いていく。特に顔まわりをえり足はしっかりめに巻くのがポイント。

.後れ毛を作る。

ハードワックスを根元~中間に塗布したら、ザックリ髪を耳後ろで束ねる。前髪をセンター~こめかみでジグザグに分けて後れ毛を作る。

.ハーフアップに。

耳上の髪をバックでひとつ結びにしてハーフアップを作る。高さは耳後ろぐらい。分け目はジグザグに取る。

.毛束に巻き付ける。

毛束の1/3を根元に巻き付け、毛先をダッカールで仮留めしておく。

.毛先を巻き付ける。

残りの毛先を根元に巻き付ける。仮留めしておいた毛先も合わせてゴムで固定する。

.トップをくずす。

トップを指でつまんでくずす。必要なら、後れ毛とえり足をアイロンで巻いてカールを補う。

2.きっちりセンターパートでモードなマンバン

Mitsuo Hayasaka(mitsuo hair)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

昔のモダンなスタイルを今風にアレンジしたモードなスタイル。毛先を折り込んだ“マゲ”のようなお団子は武士っぽい感じをイメージしたとか。感度高めのファッション関係の人におススメしたいアレンジだ。

【結う前はこの長さ】

顔まわりにレイヤーを入れ、毛先のみ軽さを出した鎖骨ラインのワンレングス。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.センターパートに分ける。

全体にグリースを塗布し、センターパートに分ける。

.ジグザグに分ける。

耳後ろで前後に分ける。分け目はジグザグに取る。

.ひとつ結びに。

バックの髪を低い位置でひとつ結びにする。

.重ねて結ぶ。

フロントの髪をバックに集め、③と合わせてゴムでひとつ結びにする。こうすることでトップがフワッとなり、頭の形がよく見える。

.アメピンで固定。

ゴムが隠れる程度の細い毛束を毛先から取り、根元に巻き付けてアメピンで固定する。

.スプレーを塗布。

毛先をふたつに折り、根元にゴムで固定する。結んだところも含め、ハードスプレーを塗布してキープする。

3.タイトロープとツイストでドレッド風に

Issei(CODE+LIM)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

高い位置でお団子にして、毛先をソフトドレッドのようにアレンジしたスタイル。ひと束だけ同色のエクステでブレイズを作り、根元に巻き付けた。ほかにタイトローブとツイストをミックスしてドレッド風に仕上げた。

【結う前はこの長さ】

鎖骨下の前上がりのミディアムレイヤーベース。毛先にのみ柔らかい質感がある。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.一束に結う。

全体にジェルワックスを塗布し、つむじぐらいの位置でポニーテールを作る。お団子にしたとき、正面からも少し見える位置がベスト。

.エクステを編み込む。

毛先から細い毛束を取り、同色のエクステを編み込む。

.三つ編みにする。

先端まで三つ編みにする。

.ツイストにする。

残りの毛先から細い毛束を取り、ツイストにする。バランスを見ながら数本作る。

.タイトロープを作る。

同様に、毛束を取り、タイトロープを作る。太さはランダムにしてメリハリをつける。こちらもバランスを見ながら数本作る。

.毛束を巻き付ける。

毛先を逃がしてお団子を作り、③の毛束を根元に巻き付けて固定。巻き付けた毛先は挟み込んで収める。

4.技ありアレンジはラフにかっこよく

yasu(CODE+LIM)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

顔まわりの後れ毛とバックショットのバランスが絶妙なスタイル。キレイに作りすぎるとアレンジした感が出るのでラフさがポイント。一見難しそうに見えるお団子だが、実は毛束で輪を作って通すだけの簡単アレンジ。

【結う前はこの長さ】

鎖骨下の前上がりのミディアムレイヤーベース。毛先にのみ柔らかい質感がある。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.分けて結ぶ。

オイルをしっかり塗布し、ウェットな質感にする。7:3ぐらいに分け、斜めにスライスしてそれぞれ毛先を引き抜かずにひとつ結びにする。

.後れ毛を作る。

こめかみあたりの髪を引き出し、後れ毛を作る。

.交差させる。

右側の毛先の輪に、左側の輪を通して交差させる。

.ゴムで固定する。

両方の輪を根元に寄せ、ゴムで結んで固定する。

.アメピンで固定。

浮いている部分をアメピンで固定する。

.毛束をつまむ。

バランスを見ながら毛束を指でつまんで引き出してくずす。

5.ポニーテールはスカーフの重ねづけが今風

Toru Sakoda(CALM)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

スカーフを重ねづけしてポニーテールと一体化したスタイル。スカーフをリボン結びにするとかわいくなりすぎるのでNG。違う柄のスカーフを重ねづけすることでファッションとトータルでボヘミアンな世界観を表現した。

【結う前はこの長さ】

胸下のロングレイヤーベース。根元までランダムなスパイラルパーマがかかっている。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.前髪を分ける。

オイルとクリームをミックスして塗布。前髪ともみあげを分ける。

.一束にする。

残りの髪をGPでひとつ結びにしてポニーテールを作る。

.トップをくずす。

トップの毛束を指でつまんで引き出してくずす。

.スカーフを巻き付ける。

スカーフの中央を根元に置き、数回巻き付ける。

.スカーフを結ぶ。

ポニーテールの下側でスカーフを結ぶ。

.スカーフを重ね付け。

もうひとつのスカーフを半分に折り、輪のほうを⑤の結び目に通す。

6.ワイヤーポニーでフォークロアに

Toru Sakoda(CALM)
バックショットはこんな感じ
サイドもキマッてる!

三つ編みにワイヤーポニーを巻き付けて、立体感とトライバル感を出したスタイル。キレイに整っていないほうがかっこいいので、すき間から髪を引き出して武骨さを演出した。

【結う前はこの長さ】

胸下のロングレイヤーベース。根元までランダムなスパイラルパーマがかかっている。

ヘアアレンジの方法を紹介!

1.低い位置で結ぶ。

オイルとクリームをミックスして塗布。髪をすべてバックに集め、低い位置でひとつ結びにする。

.トップをくずす。

トップの毛束を指でつまんで引き出してくずす。

.三つ編みにする。

三つ編みにする。毛先は10cmほど残してひとつ結びにする。

.根元に巻き付ける。

ワイヤーポニーを根元に数回巻き付ける。

.交差させる。

三つ編みに交差させながら巻き付ける。

.つまんでくずす。

ワイヤーポニーのすき間から髪をつまんでくずす。

話題のマンバンとロングヘアを使ったマンバン風と進化系結い髪、これはカッコよくきまること間違いなし! 漫画の影響もありやんちゃな人向けと思われがちだが、実は会社を自分で営む経営者や自営業など大人世代で取り入れている人が多いスタイル。抜け感のある大人の色気を出したいと思っているアナタにもおすすめです。

スタイルの担当者のサロンは取材時の所属です。

(出典:「Men’s PREPPY 2021年8月号」「Men’s PREPPY 2021年11月号」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。