メンズの髪型はソフトモヒカンで決まり! 長めから短髪までおすすめ12選【2022年版男性ヘアカタログ】

かつてのたてがみのようなデザインから流行るごとに進化を遂げるソフトモヒカン。センターラインに高さを持たせてハチはタイトに。そんなシルエットはしっかり継承しつつ、カットやパーマ、カラーでバリエーションも多彩に。刈り上げとの合わせ技もすっきりとしておすすめ。2022年もソフトモヒカンから目が離せない。

1.Wダイヤモンドラインで清潔感に男らしさをプラス!

Hair:吉沢ジュン(MAISON TSUMUGI)

清潔感は必須だが、精悍さや大人の男性としての魅力も加えたい。そんな時はソフトモヒカンのひし形シルエットが有効。アップバングでアクティブさもプラス。少量のワックスを全体になじませ、アップバングとセンターを整える。

2.ヒゲもクリーンに見せるひし形フォルムの大人ソフトモヒ

Hair:鶴岡心斗(KINOSHITA GAIEN EAST STREET)

額を見せたフロントアップがビジネスシーンにぴったりのクリーンでアクティブなイメージに。大人の品性を感じさせる都会的なスタイル。グリースを全体になじませて、センターに高さが出るように整えればOK

3.コンプレックスもヘアデザインでカバーできる!

Hair:大島あかり(INTI新宿)

髪の悩みが増えるミドル世代は実はベリショが合う。額が気になるなら、あえてフロント短め、サイドに流すデザインで髪の割れをカバー。センターに高さを持たせるソフトモヒなら自然なボリューム感もプラスされる。水分の少ないパウダーワックスでボリュームを出しつつマットワックスで束感と毛流れを調整すれば◎。

4.清潔感あふれる大人のベリショ×ソフトモヒ

Hair:窪田優芽(MEN’S GROOMING SALON AOYAMA)

ほぼボウズに近いソフトモヒカン。頭の形や毛流れを意識しながらひし形シルエットになるよう長さにグラデーションをつけた好感度の高いスタイル。ジェルワックスをなじませ、最後に前髪を上げれば大人カッコよく決まる。

5.カールの持つ甘さと男らしさでメリハリを

Hair:加藤孝子(ROOTS)

センターに高さと動きを出すようミックスパーマをON。立体的な動きと躍動感で爽やかさとカジュアル感を醸し出す。トップはフォワードに、そのほかはリバースに流すようジェルを塗布。長めのソフトモヒカンは毛流れで遊べるのでスタイリングを楽しみたい人にもおすすめ。

6.ビジネスにも対応するツイスパマッシュ

Hair:貴龍(apish AOYAMA)

こちらはトップに長さを残した長めのソフトモヒ。自由度の高い職業ならツイストパーマの質感を楽しむのもおすすめ。髪をフォワードに流せばちょっとモードでシャープな印象に。バックに流せばバサッ、とした毛先の動きがスポーティに仕上がる。フォームを付けて自然乾燥させ、ヘアクリームを付けて毛先を散らせばOK

7.ONでもOFFでも技ありベリショでフレッシュに

Hair:平元真仁(THE BARBER)

フレッシュでクリーンな印象を与えるベリショレイヤースタイル。細かくていねいに入った質感テクで再現性もアップ。マットワックスをセンターに集めるように動かしながら毛先中心に付け、束感を整える。

8.カットとカラーの連動でフェザーな質感を

Hair:七五三掛慎二(OCEAN TOKYO WHITE)

サイドだけツーブロックにしたフェード系にトーンを計算しつつもあえてのムラ染めカラーが合わさってフェザーな質感を演出。カットで作り込んだ質感を生かし、オイルを付けてドライ、スプレーを振って仕上げる。長短のついたモヒカンでないがカラーの使い方でここまで攻めたスタイルに。カラーなしで遊べるソフトモヒとしてもイケる。

9.トップ長めのナチュラルモヒカン

Hair:由藤秀樹(SNIPS)

ハチ上を残してフェードに刈り上げ、クリーンに。ハチ上は程よい長さを残しつつも軽さと動きでニュアンスを表現。スーパーハードワックスを全体になじませてからモヒカンラインにボリュームを出す。スタイリング次第でビジネス仕様にも。

10.刈り上げないポンパドール風モヒカン

Hair:世良田奏大(HEAVENS)

刈り上げずしてモヒカンのパンクなイメージを再現した新感覚デザイン。コンケーブ状にカットしたフロントをポンパドール風にスタイリングしたカルチャーを感じさせるヘア。ハーフドライ時にハードグリースを根元から付け、ポンパ風にセンターに集めてセット。

11.九一パートで遊びのあるシルエットを楽しむ

Hair:中川淳也(GUZZLE HARAJUKU)

ちょっと遊びのあるソフトモヒカンを狙うなら、やりすぎないさじ加減が重要となる。フロントにウェーブを強めるなら、バックのパーマ感は抑えぎみに。フェードは見せるけれどもナチュラルにぼかす。クリームワックスを手ぐしでなじませ、91パートで立ち上げつつリバースに流して。

12.大人のアップはテーパーフェードでクリーンに

Hair:田畑佑涼(GUZZLE)

ゆるめのパーマと頭の丸みになじませるテーパーフェードの組み合わせで、いなたいアップスタイルもクリーンに見せている。ジェルをサイドに多めになで付け、グリースは全体に付けてパーマのカールをほぐす。

スタイルの担当者のサロンは取材時の所属です。

(出典:「Men’s PREPPY 20201月号~20222月号」)