料理男子におすすめ! 男の料理に最適な男前キッチンツール7選。

  • 2021.10.18 2019.08.23
  •              

男子厨房に入らず……なんて言葉は昔のこと。ホームパーティを開いたり、日々こだわり抜いた料理を振る舞う男性は増え、もともとひとつのことに没頭したり研究熱心な男性にとって、なかなか興味深い趣味となっているようだ。

そこで、料理にこだわるのであればツールにもこだわりたいと思うのが男心というもの。重厚な鉄を使った鍋や、ひとつの機能に特化したシンプルな道具は、どれも男心に刺さるものばかリ。長く使える、メンズライクなキッチンツールを厳選して紹介する。

1.大工道具作りで培った技術を落とし込んだ、DYK(ダイク)の包丁。

4320円(ペティナイフ)、4860円(小型三徳包丁)、6480円(三徳包丁)、6480円(パン切り)髙儀 http://www.takagi-plc.co.jp

洗練されたモダンなデザインが特徴の調理器具DYK(ダイク)は、今年デビューしたばかりの注目ブランド。手掛けたのは新潟の三条町にて大工道具を作り続けて150年余という歴史を持つ老舗問屋で、これまで培ってきた技術と理念を活かして作られたブランドなのだ。刃と柄が一体になった構造は洗練された印象で洗いやすいというメリットも◎。握りやすい柄は中空になっているため極めて軽量なのもポイントのひとつ。マットブラックのカラーリングも男らしい雰囲気を醸し出している。

2.鉄の塊から叩き出して成形した、タークのクラシックフライパン。

1万5120 円(18cm)、1 万9440 円(22cm)、2 万4840 円(26cm) ザッカワークス  http://www.zakkaworks.com

創業は1857年というドイツを代表する鍛造メーカー、タークのフライパン。昔ながらの製法で、鉄の塊から高温で加熱を繰り返して叩き出して成形する一体型のフライパンは、強度と密度が高く手入れさえすれば100年以上使えるまさに一生モノ。手入れも必要だし、慣れるまでコツがあるが、慣れてしまえばテフロン加工のものよりも素材の味を引き出すこともできる。使うだけでなく“育てる楽しみ” をフライパンでもぜひ。

3.ポルトガルの名門ブランド、イセルのターナー。

4104 円(ワイド)、4860円(ロング) ザッカワークス http://www.zakkaworks.com

1945年創業。世界中で愛用される名門ナイフメーカーのイセル社が手がけたターナー。濡れた手でも握りやすくて滑りにくいハンドルと、薄く適度にしなやかなステンレス製のヘラで、肉料理はもちろん目玉きやほぐれ易い魚などデリケートな食材の下にもすっと滑り込む。レギュラーのほかワイドタイプとロングサイズもあり、大きな食材もフライパンからすくって、形を崩すことなくそのまま器に盛りつけることもできる。

4.インテリアとしても秀逸な、ジポのメジャー。

2376 円(100ml)、2808 円(250ml)、3564 円(500ml)、6156 円(1000ml) ディテール http://detail.co.jp

1869年に創業というチェコの老舗磁器製造メーカー。元々は実験用の器具として開発されているもので、熱湯はもちろん電子レンジや食器洗浄機でも使用可能。肉厚で重量感もあるので、スケールとしてだけでなくキッチンツールやステーショナリーグッズを収納するスタンド、花を活けるフラワーポットとしても使えて、キッチンや部屋をオシャレに演出してくれる。サイズは100ml、250ml、500ml、1000mlの4種類。

5.スウェーデンらしいデザイン光る、イーケーエスのキッチンスケール。

6800 円(W150×D180×H300mm) ザ・タイム・ハズ・カム http://www.t-t-h-c.com

一目でわかるデジタルも便利でいいが、キッチン周りのアクセントになるという意味では、アナログなスケールに軍配が上がる。このEKSというメーカーは、スウェーデンに拠点を置き、様々な計器を展開していた。その中でもカジュアルな印象を受けるのが、このイエローのプラスティック製のキッチンスケール。他にレッドなどのカラーバリエーションが確認できる。コンパクトながら3キロまで測れるので、まず困ることはない。

6.3つ星シェフも惚れ込む、ストウブのピコ・ココット カンパーニュ。

3 万6720 円(24cm) ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン http://www.staub-online.com

日本の家庭料理の代表格の肉じゃが。おふくろの味として、なじみ深い味わいもまた、男前なキッチンツールでつくりたい。そんな心情を知ってか知らずか、ストウブの大定番、ピコ・ココットに新色が登場。カラー名はカンパーニュ(仏語で“田舎風” の意)だ。もちろん機能面はミシュランの3つ星シェフも認めるところで、味を行き渡らせる特殊構造は健在。作る料理に合わせていろいろサイズを集めたくなるのがストウブだ。

7.チーズだけでなく野菜にも使える、ビアンキの四面グレーターL。

3888 円 ザッカワークス http://www.zakkaworks.com

イタリアでもおろし金製造に特化した唯一のメーカー・ビアンキのステンレス製グレーター。おろし面が4面あるのでサラダ用のスライスからパスタにかけるパウダー状のものまで料理に合わせて様々な形状にすりおろすことができる。また、大型だからチーズだけでなく、野菜のスライスやすりおろしにも使用できるので、チーズ好きでなくともサラダやハッシュドポテトなど日々の料理の幅を広げてくれるアイテムとなるはずだ。

8.レンチン後そのまま食卓に置ける、メパルのサーキュラ。

1296 円(500ml)、1512 円(750ml)、1728 円(1000ml)、2052 円(1250ml)スペースジョイ http://www.spacejoy.tokyo

「汎用性の高いマルチに使えるボウル」がコンセプト。蓋を閉めれば完全密閉となり液漏れする心配もなし、保存容器として冷蔵や冷凍はもちろん、食洗機や電子レンジもOK。さらに、そのまま食器として食卓に置いて食事を楽しむこともできるデザインだから洗い物も少なくて済む。蓋は透明タイプだから中に何を入れていたかも判別しやすく、保管時は入れ子にできるのでスペースを取らずに収納もできるというスグレモノ。

 

こんな気分のあがるツールを手に入れて、こだわりの料理をつくってみてはいかがだろうか?

※掲載情報は取材当時のものです。

(出典/「男のキッチンツール」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア