海軍とスカジャン。横須賀という土地柄と海軍兵士に好まれた刺繍。

  • 2023.01.24
  •              

戦後、米兵のスーベニアとして生まれたスカジャン。その名の由来である神奈川県横須賀には海軍基地があり、当然、スカジャンを手にした海軍兵士も多いはず。ここでは海軍とスカジャンの関係性について考察する。

アメリカ兵の母国へのお土産として誕生したスカジャン。

「TAILOR TOYO」Director・松山達朗さん|1940年代創業の「港商」を前身とするスカジャンの本家、TAILOR TOYOの企画統括。スカジャン研究家としても知られ、世界初のスカジャン専門書も出版している第一人者

鷲、虎、龍、日本地図などのモチーフを軸にカラフルでオリエンタルな刺繍が施されるスカジャン。正式には、スーベニアジャケットという名で、戦後、在留するアメリカ兵の母国へのお土産として生まれたものだ。

スカジャンの愛称でで浸透しているのは、「横須賀ジャンパー」を略した言葉。このスカジャンと海軍に紐づく関係があるのか、30年以上にわたりスカジャンの研究を続けてきた松山氏。

「日本人が作るアメリカ兵士に向けたお土産だったので、当然、海軍兵士も購入していました。横須賀という土地柄、旧くから海軍基地がある場所ですからね。もちろん、当時、海軍に因んだ刺繍もありますし、そんな彼らが好んで手にしていたモチーフは、龍なんです。刺繍をよく見ると海軍に因んで、龍とともに海の描写の刺繍があります。これはおそらく海軍兵士が海を彷彿させる何かを刺繍したいとの想いからオーダーしたのでは? と推測できますよね」

横須賀美術館で開催された世界初の「スカジャン展」。TALOR TOYOのアーカイブから厳選した希少なヴィンテージ、圧巻の140着を筆頭に当時、米軍にスカジャンを卸した納品書など、日本のカルチャーの側面からスカジャンを見ることができた。

横須賀美術館開館15周年を記念して2022年末、約1カ月半にわたり開催された世界初の「スカジャン展」
東洋エンタープライズ所蔵のヴィンテージスカジャンから厳選した140点を展示した

「スカジャン展」のアーカイブは買えないけれど、TOYOのスカジャンなら手に入る!

見れば見るほどその美しい刺繍に魅了される、希少なヴィンテージスカジャンの数々。残念ながらこれらは非売品だが、ここでは実際に購入できるTOYOのスカジャンを厳選して紹介する。

【YOKOSUKA DRAGON × JAPAN MAP】Mid 1940s Style Wool Gabardine×Acetate Souvenir Jacket “KOSHO&CO.” Special Edition

戦後間もない1946年。デザインベースとなったジャケットはスカジャンの最初期と言っても過言ではない個体を元に、当時、横須賀基地に駐留していた米兵のカスタムオーダーで刺繍された特別な1着。刺繍の色使いや龍の表情など、熟練した職人の技が光る逸品。¥101,200_

REVERSIBLE
BACK
REVERSIBLE

【DRAGON HEAD × JAPAN MAP】 Late 1940s-Early 1950s Style Acetate Souvenir Jacket

モチーフとなった龍が頭部のみの刺繍で表現される通称「ドラゴンヘッド」と呼ばれる作品。上下に長く伸びた髭やイキリたつ鬣など髪など頭だけでも隆々しい肉体が想像できる。裏面はジャパンマップだが、よく見るとスペルミスのある刺繍もヴィンテージのまま再現。¥60,500_(2023 年春発売予定)

REVERSIBLE
BACK
REVERSIBLE

【DUELLING DRAGONS × U.S.S. PRINCETON】 Early 1950s Style Acetate Souvenir Jacket (AGING MODEL)

日本の象徴である富士山を紅白の双龍が睨む描写。波飛沫まで表現されている。裏面はU.S.NAVYの刺繍に航空母艦「プリンストン」が堂々と鎮座する。この空母に乗っていただろう海軍兵士がカスタムオーダーで仕立てたものと断定できる。¥72,600_(2023 年春発売予定)

REVERSIBLE
BACK
REVERSIBLE

【DATA】
TAILOR TOYO(TOYO ENTERPRISE)
Tel.03-3632-2321
https://www.tailortoyo.jp

※情報は取材当時のものです。

(出典/「CLUTCH2023年2月号 Vol.89」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア