【LA】セレブも通う、映画の世界に入り込んだようなダイナー「The 101 Coffee shop」

  • 2022.06.13 2020.04.23
  •              

ロサンゼルスを拠点に活動するフォトグラファーMaikoがおすすめのスポットを紹介! 今回取り上げるのはセレブから地元の人まで幅広く愛されているダイナー。どこを切り取ってもとにかく様になる、素敵なお店を紹介します。
※撮影は昨年行ったものです。

映画で見た光景が広がる、これぞ憧れのダイナー。


アメリカに行ったら、一度はダイナーで食事をしてみたい!という人も多いことでしょう。一歩足を踏み入れれば映画の世界に入り込める、あのなんとも言えないレトロな雰囲気は、私も大好きです。私の住むロサンゼルスには至る所にダイナーがありますが、今回は「The 101 Coffee shop」をピックアップ。

もともと、「Hollywood Hills Coffee shop」という名前で1930年代にオープンし、それ以降度々オーナーが変わったこのダイナー。2001年に、シェフのBrandon Boudet氏とビジネスパートナーのWarber Ebbik氏がオーナーとなり、「The 101 Coffee shop」として生まれ変わりました。

Best Western Plus Hollywood Hills Hotelというホテルの1階にあるこのダイナー。101 freeway沿いにあることから「The 101 Coffee shop」と名付けられたようです。ホテルのラウンジには、名だたるハリウッドスターたちの写真とサインがぎっしりと飾られています。

入り口の外も往年のスターの写真などで飾られていて、雰囲気満点。ホテルもレトロな壁や床、インテリアでとてもフォトジェニックです。

オードリー・ヘプバーンのサインもありました。この写真のオスカー像の抱き方、可愛すぎません?

ジョン・ウェインのサインもありました。サインにはGood Luck John Wayneと書いてあり、これが彼のお決まりのサインだったそうです。
タランティーノ監督やブラッドピットも訪れるというこの「The 101 Coffee shop」。店内は60年代スタイルのレトロなインテリアで統一されていて、オリジナルではないが、まるで昔からこの姿だったように自然。

石がむき出しになっている壁に、ペンダントランプ、レザーのブース席……雰囲気抜群で、映画「Swingers」のロケ地としても使用された場所としても知られています。カラフルでポップなダイナーも多いが、それに比べここは茶色で統一され落ち着いた雰囲気。だからか、幅広い層から愛されています。

カウンター席も大きなチェアが置かれ、アメリカンな雰囲気。

ダイナーといえば、ジュークボックス。ですが「The 101 Coffee shop」だとこんなシックな感じのものが置かれていました。

もしかしたらスターに会えるかも?

メニューもレトロでかわいいです。

店内の一角にある壁には、オーナーであるBrandon氏とWarber氏の、幼少期の写真が一面に飾られていました。こういう写真って見る機会がないので、ちょっと新鮮ですね。

モダンで洗練されたメニューが楽しめる。


普通ダイナーと言ったら、メニューはどこもそう変わらず、パンケーキに甘〜いミルクシェイク、ボリューミーなハンバーグといったメニューが思い浮かびますよね? ですが、こちらのダイナーのメニューはちょっと違うんです。一見、パンケーキにハンバーガーと、お決まりのメニューが並んでいるように見えますが、そこに一手間加えられた、モダンで洗練された料理が味わえます。さすが、シェフがオーナーを務めているというだけある!

GRILLED ALBACORE TUNA BURGER 14.95ドル

早速おすすめメニューをいくつかいただいてみた。ビンチョウマグロのバーガーにはワカモレソースが付いていて、どこかイマドキな雰囲気漂うバーガー。いわゆる味の濃いアメリカンなバーガーと違って、ヘルシーでとってもおいしい。

FRENCH DIP 14.95ドル

こちらはミディアムレアローストビーフのサンドイッチ。肉汁たっぷりで美味しい! 付いてくるフレンチフライは、ポテトと人参でヘルシー。
このように、ニューオーリンズ出身のシェフらしく、po-boyというニューオーリンズのソウルフードもあったり、ベジタリアンや、ビーガン、ヘルシー志向の人が多いカリフォルニアらしく、豆腐とフライド・キャロットのサラダなどもあり嬉しい。ハリウッドのファーマーズマーケットと提携して料理されているものなんだそうだ。
フライドチキンやマックアンドチーズ、アップルパイ、サンデーなど、これぞダイナー!というメニューももちろん楽しめるのでご安心を。
レトロな雰囲気を楽しみながら、他と一味違った洗練されたメニューを味わうことができる「The 101 Coffee shop」。ハリウッド中心地からも歩いて行くことができるので、ぜひ訪れてみてほしいです。
【DATA】

The 101 Coffee shop
Mon-Sun 7am-3am
6145 Franklin Ave, Los Angeles, CA 90028
松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア