サマートラッドのススメ。”日常トラッド”のお手本「HARAJUKU CASSIDY」

  • 2024.07.10

2nd誌では超がつくほどお馴染みのトラッドショップに、この春夏をイメージしたサマートラッドスタイルを披露してもらった。ファッション好きから愛される名物バイヤーが営む「HARAJUKU CASSIDY」のいまの気分を取り入れた、個性全開コーデに物欲も爆発!?

肩肘張らないデイリーな“サマトラ”スタイル

名物バイヤー八木沢さんと玉川さんのふたりで切り盛りする小さなショップは、原宿の中心にあることを忘れてしまうアットホーム感が魅力だ。すっきりとした、清潔感のある店内に“素敵ベーシック”をテーマに選び抜かれた八木沢さんこだわりのアイテムがずらり。プレッピー、ヘビーデューティ、ミリタリーを巧みにミックスした「キャシディスタイル」は、肩肘張らない「日常トラッド」のお手本とも言える着こなしだ。

「HARAJUKU CASSIDY」のサマートラッド

SHIRT|キャシディホームグロウン

インディアマドラスのパッチワークシャツは、色数が少なく日常使いに最適。下の赤いボタンは、旧いワークウエアに見られる掛け違い防止の意匠から着想。1万4850円

PANTS|プロッパー

1967年創業の米軍最大手のサプライヤー。今や稀少な存在であるコットン100%のリップストップ地を使用し、経年変化を楽しめる。フロントはジッパーフライ。9790円

WATCH|キャシディホームグロウン

オリジナルデザインの文字盤が目を惹く腕時計は、元々取り扱っていた「スマートターンアウト」の生産中止に伴って製作。ムーブメントはクォーツ式。3万1900円

SHOES|クオディ・トレイルモカシン フォー キャシディ

US製のハンドソーンモカシンメーカーへ別注。ブリックカラーのコンフォートラグソールがほどよく力の抜けた印象。ホーウィン社製クロムエクセルを採用。4万6970円

【DATA】
HARAJUKU CASSIDY
東京都渋谷区神宮前6-6-4
TEL03-3406-3070
営業/11:00~20:00
休み/不定休

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2024年7月・8月合併号 Vol.206」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部