フレンチシックに陶酔する!「2nd(セカンド)」7月号本日発売!

2020年11月号の「おもいっきりヨーロッパ!」に続いて、ヨーロッパ特集ふたたび!その名も「フレンチに学ぶヨーロッパスタイル」。定番の業界人スナップはもちろん、今回はカルチャーに関する内容も盛りだくさん。’50年代におきた映画運動ヌーヴェルヴァーグや、フレンチシックのアイコンであるポール・ウェラーも登場。

また、フレンチファッションと切っても切り離せないトピック「フレンチカルチャーと渋谷系」では、いまも渋谷系のアイコンとして活躍し続けるカジヒデキさんにインタビューを敢行!

フレンチな着こなしを実践するにあたって欠かせない“ノンシャラン(=無頓着)”というキーワードを軸に、日本におけるフレンチスタイルのいろはを様々な角度から学べる特集となっています。

購入はこちら!

フレンチが主役のヨーロッパファッション特集!

“ノンシャラン”な着こなしは、フランスの名優ジャン=ポール・ベルモンドから学ぶ。スカーフが襟から飛び出てたって気にしない。

フレンチシックについて調べると、必ず“ノンシャラン(無頓着)”というキーワードが出てくる。その極みが、フランスの名優ジャン=ポール・ベルモンド。フィルムに映る彼の着こなしを再現したモデルカットは必見! 写真は、スカーフが襟に入り込んでいても気にせず、まるであえてそうしてるかような、正にノンシャランな着こなしだ。

セレクトショップの最新ヨーロッパスタイルも必見!

左/アナトミカ青山店・スタッフ 今井悟さんは、全身の色数を抑えたスタイル 右/アナトミカ青山店・店長 大橋智さんは「枠にとらわれない」というフランスっぽさを演出

日本を代表する、セレクトショップのスタッフがヨーロッパスタイルを今の気分で表現してくれた企画も注目。旬な着こなしはもちろん、各ショップの最新アイテムも多数掲載。いまの季節、なにを着たらいいのか頭を悩ませているあなた! これを見れば、参考になること間違いなしのスナップ企画だ。

ヨーロッパのトラディショナルアイテムを10カテゴリー紹介。

「ブラックショア」のランカシャーで織られたコットンドリルが落とし込まれたフレンチワークジャケット。4万4000円
80年代のフランス軍で使われていたエスパドリーユを参考に、軍用靴を生産していた工場で再現した「リプロダクション オブ ファウンド」の一足。

アトリエコートにグルカショーツ、エスパドリーユ……ユーロカルチャーを表す10アイテムを、初夏にぴったりなコーディネイトで掲載。登場するブランドはどれも、ユーロヴィンテージというものを深く理解したディテールやデザインを盛り込んだ本格派だ。物欲を刺激すること間違いなしのカタログページとなっている!

そのほか、フランスのリアルなファッション事情が世界へ広まるきっかけとなった1950年代の映画運動、“ヌーヴェルヴァーグ”や、1980年代後半~’90年代に日本におけるフレンチカジュアルを一般層にまで浸透させた、“渋谷系”ムーブメントの深掘りページまで。この本は、教科書があるようでない“ノンシャランな着こなし”の大きなヒントになる。

購入はこちら!