寝室やリビング、オフィスなど様々なシーンで大活躍! ワンタッチで高さ&角度調整ができる「昇降式サイドテーブル」発売

  • 2023.10.30

家具・インテリアのEC事業を展開するタンスのゲンは、使用シーンに合わせてワンタッチで角度や高さを調節可能な昇降式サイドテーブルを発売開始。

サイドテーブルはソファやベッド横に配置することで物置きや作業デスクとしてコンパクトかつ様々な場所に配置することができる。また、リビングにテーブルがない場合にもサイドテーブルを活用することで食事や仕事・趣味など生活の中の様々なシーンで活躍する。今回、高さや角度の調整機能付きでリビングや寝室などあらゆるシーンで快適に使用できる昇降式サイドテーブルが登場した。

本製品はガス圧式昇降システムを採用しているため、片手ワンタッチで天板の最適な高さや角度の調整が可能。昇降幅は37cmなのでオフィスやキッチンでの補助テーブルとして活用することができ、立った状態での作業も快適。また、天板の角度を無段階で調節できるのでPCを操作する場合や本を読む場合にも見やすい角度に調節ができるのが特徴。

そして本製品は支柱が1本なのでソファやベッド下の小さな隙間に脚を入れることでソファでのデスクワークやベッドでの食事にも天板を手元に寄せて使用することができる。支柱は左右に組み替えができるためインテリアや使用シーンに合わせて設置が可能。さらに薄型キャスター付きで移動もしやすく、キャスター部分が見えないデザインなのでお部屋のインテリアとしても馴染みやすい。

またリビングや寝室のサイドテーブルとしてだけでなく、オフィスでの作業用デスクやキッチンでの補助デスクとしても活用することができる。PCを使用してリモートワークや会議をする場合にも天板を低くすることで通常の作業用デスクとして使用することが可能。また、天板の高さを上げることでスタンディングデスクや講演台などオフィスシーンにも便利。

さらにPCを置いてメモをとる場合や雑誌を広げて読む場合にも余裕のある天板サイズで天板のタブレットスタンドに充電ケーブルを通すことのできる穴があるのでタブレットやスマホを充電しながら立てかけることができる。

また、デスク裏には鞄やヘッドホンを掛けられるフックがついており使用時には取りやすく、収納時にはサッとかけることが可能だ。

昇降式サイドテーブル

カラー:ホワイト、ウォールナット
サイズ:外寸/幅75×奥行45×高さ64-100(無段階調節)cm、折り畳み時/幅75×奥行45×高さ123cm、天板厚み:2cm
重量:約16kg静止耐荷重/約30kg
耐熱温度:60
素材:天板/合成樹脂化粧繊維板(PVC)、フレーム部分/スチール(粉体塗装)
販売ページ:
[本店サイト] https://www.tansu-gen.jp/collections/liftingdeskandchair/products/45400112
[楽天サイト] https://item.rakuten.co.jp/tansu/45400112/

【問い合わせ】
タンスのゲン
https://www.tansu-gen.jp/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部