デニムをトラッドに穿きこなすために、3大デニムの品番別シルエットを学ぶ

  • 2024.06.24

色落ちや状態も大切だが、トラッド派であるならば、デニムのシルエットにはこだわりたいところ。デニムをトラッドに穿きこなすために、分かっているようで、意外と理解できていないアメリカ3大デニムブランドの主要な品番を一緒に学んでいきましょう。

1.「LEVI’S(リーバイス)」の品番別シルエット

1853年にリーバイ・ストラウス&カンパニーの前身となる雑貨商を開業。金鉱で働く人々声から、キャンバス地を使った丈夫なワークパンツを商品化する。その後1873年に世界で初めてジーンズというアイテムを作り上げた。

501|ストレート

ジーンズの象徴でもある品番。70s初期の501でビッグEの赤タブがつく。66万円(ステップアヘッド原宿2TEL03-6427-5150)

502|ストレート

シルエットは501だがジッパーフライ仕様。60s後期の502ビッグE。19万円(デザートスノー ガーデン店TEL03-5761-6390)

503|ストレート

501のユースモデルで正式品番は503BXX。レザーパッチが付く50s。44万5000円(ミスタークリーンTEL090-2206-1755)

504|ストレート

501XXのジッパーフライ仕様のユースモデル。50s初期の504ZXX。43万7800円(フェイク アルファTEL03-3404-0168)

551|ストレート

60sに入り防縮加工デニムを使用するモデルでジッパーフライの551ZXX。29万円(デザートスノー 1号店TEL042-727-3660)

505|ストレート

501ZXXと502からジッパーフライを継承する70s中期の505。14万3000円(ステップアヘッド原宿2 TEL03-6427-5150)

506|ストレート

80s後期頃から90s初期にかけて作られた品番でアメリカ製。スリムストレートスタイル。4290円(スラットTEL03-5913-8470)

519|ストレート

ストレートレッグス表記になるが細め。コインポケット無しも特徴。1万4000円(コズミックジャンパーTEL042-726-0610)

541|ストレート

80sのストレッチデニムのストレート。しっかりと色落ちもする。5900円(デザートスノー ガーデン店TEL03-5761-6390)

517|ブーツカット

1971年誕生のブーツカットモデル。赤タブがビッグEとなる初期型。10万7800円(フェイク アルファTEL03-3404-0168)

515|ブーツカット

22515品番のフランネルライニング付きウィンタージーンズモデル。1万9690円(バックストリートTEL042-720-0355)

717|ブーツカット

517と同じブーツカットシルエット。ユースモデルの717。3万3000円(ミスタークリーンTEL090-2206-1755)

646|フレア

ベルボトムと表記がある。赤タブはビッグEとなる70s初期の646。8万7780円(デザートスノー 千葉TEL043-225-9600)

676|フレア

ブッシュパンツのフレアスタイル。646と同シルエット。2万1780円(ピグスティ 原宿店TEL03-6438-9969)

684|フレア

ビッグベルと表記される通り646よりも太いシルエットで裾も広い。1万9690円(バックストリートTEL042-720-0355)

607|フレア

517よりも646のシルエットに近い。ビッグEの赤タブが付く60s。8万円(デザートスノー ガーデン店TEL03-5761-6390)

606|スリム

スーパースリムと表記される今で言うスキニースタイル。60s後期のビッグE。14万800円(ベルベルジンTEL03-3401-4666)

509|スリム

コーデュロイの519品番と同シルエットのデニム。80sのデッドストックで。3万800円(セカンドブームTEL03-3462-1721)

512|スリム

スリムフィットテーパードレッグと表記。股上深く裾はかなり細い。9790円(スリフティー コーヒーTEL03-5432-9146)

521|スリム

テーパードフィットテーパードレッグス。こちらはレディースモデル。6900円(デザートスノー ガーデン店TEL03-5761-6390)

701|ストレート

1939年に発売された初の女性向け5ポケットジーンズ。14万800円(フェイク アルファTEL03-3404-0168)

951|ワイドテーパード

リラックスフィットテーパードのユースモデル。1万3000円(デザートスノー ガーデン店TEL03-5761-6390)

550|ワイドテーパード

1985年に登場し次世代スタンダード品番になったリラックスフィット。1万780円(デザートスノー 千葉TEL043-225-9600)

555|ワイドテーパード

リラックスフィットストレートレッグは太く裾幅も広い。1994年のアメリカ製。8800円(ミスタークリーンTEL090-2206-1755)

560|ワイドテーパード

ルーズフィットテーパードは深い股上から強くテーパード。1万4960円(ステップアヘッド 下北沢2号店TEL03-6884-3175)

545|ワイドテーパード

お尻のセンターラインをJ.カーブデザインと呼ぶルーズフィットモデル。1万7600円(ダメージドーンTEL042-725-9946)

【ディテールで見分ける、リーバイスの年代判別の基礎】

紙パッチは55年以降から

1955年以降、ウエストについていたパッチはレザー製から紙製に変わる。紙パッチの方が丈夫で、レザーパッチが残っているものはかなり希少となってきた。

ウエスト裏のステッチで旧さが分かる

「XX」表記がなくなり、俗に「ビッグE」と呼ばれているモデルの年代判別はウエストの内側を見れば一目瞭然。上はウエストバンド上部のステッチがシングルで、中央の端部が「Vステッチ」となっている。こちらの方が旧いモデルとされている。

赤タブの変遷で年代を判断できる

【1953〜66年】1953年から両面にブランド名が刺繍された「両面タブ」の中でもVの刺繍が左右均等な「均等V」となっている。

【1966〜74年】「両面タブ」の「ビッグE」ではあるのだが、1966年から書体が変わり、Vの刺繍のうち左側のみが太くなる。

【1974年〜】1974年頃から、ブランド名のEが大文字からeと小文字に変更される。そのことから「スモールe」と呼ばれている。

70年代以降のリーバイスは内タグに製造年月が記載

70年代中期以降のリーバイスには、製造年、製造月、工場番号が記されるようになる。上記のふたつのデニムは異なる年代でも同じ工場で作られたものということが番号からわかる。自分の誕生年月のデニムを探すのはいかが。

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部