「趣味の文具箱」編集長・清水のつぶやき<第6回>2mm芯ホルダーの魅力再発見!

「鉛筆は最強の筆記具だ」。これは雑誌「趣味の文具箱」の読者の皆さんにとっては、耳タコなフレーズだ。鉛筆なんて小学生以来握ったことないよ、という人がほとんどだと思うけれど、ぜひ大人の皆さんには鉛筆の魅力を見直してほしい。

芯や木軸を削るのが面倒な理由で、鉛筆は敬遠されることが多い。また削っていくと短くなって長さが可変することも鉛筆の弱みだ。この鉛筆の弱点を解消する道具がある。それが「芯ホルダー」だ。

一般的な鉛筆とほぼ同じ直径2mmの芯を使うのが「2mm芯ホルダー」。極太の芯を使うホルダーがあるが、最も一般的なのが2mm芯だ。硬度やカラー(赤、青など)なども多彩に揃っている。元来は製図のプロ向けだったので、デザインに無駄がなく、シンプルな設計でとても堅牢だ。

2mm芯ホルダーの象徴的なモデルが、ステッドラーの「マルステクニコ芯ホルダー 780C」だ。ロングセラーだが、確かな資料がなく発売開始年は不明。2009年に編集部が問い合わせをした時のステッドラーからの回答は以下のようなものだった。

「残念なことに正確な年代をご案内できませんが、1969年のカタログに芯ホルダー780Cの最初の写真を見つけました。780Cではなく、780と呼ばれているように、当時はクリップがありませんでした(C=クリップを表す)」。

1969年の資料や日本のカタログなどを見てみると、当時の芯ホルダーは780だけでなく、多種多様に揃っていたことがわかる。軸の素材、芯削りの有無、硬度表示の有無などバリエーションがたくさんあった。

780Cの魅力は機能美に表れている。芯ホールドの構造は巧妙で確実に芯を固定する。ノックボタンを押すと無段階で芯の繰り出し量を調節できる。グリップは美しいローレット加工で確実に握ることができる。また低重心設計で長時間の筆記でも疲れない。芯を削るのも簡単で、小型の芯研器があればほんの数秒で先端を鋭角にできる。

780Cは半世紀を軽く超える古いモデルにはまったく見えない。その価値はデジタル全盛の今だからこそ、より高まっている。デジタル漬けな日々の中で、素朴で確実な鉛筆芯でゆったりと書く時間も大切にしたい。

※参考資料「STATIONERY magazin no.005(2009年発行/枻出版社)」