紺ブレをミリタリーミックスで休日服に! 業界人のスタイリングサンプルを参考にしよう。

  • 2022.12.09
  •              

トラディショナルな紺ブレを休日ファッションに取り入れる時にどこにポイントを置けばいいのか疑問を持つ人も多いのではないだろうか。そこで、ファッション業界の洒落者たちのコーディネイトからヒントを得よう。紺ブレ×ミリタリーの着こなしは必見だ。

1.「シップス銀座店」スタッフ・高橋省吾さん

ミリタリーやワークをベースにしたオトナのアメカジスタイルを提案する、銀座店の看板スタッフ。「サウスウィックとのコラボに注目」

ベーシックな紺ブレのタイドアップスタイルは、ミリタリーなアイテムで着崩してカジュアルダウン。パッチワークを施したカーゴパンツや、プルオーバータイプのベストなど、一見するとジャケットに合わなそうなアイテムも、絶妙なバランスで違和感なく取り入れている。

「パンツにボリュームがあり、インパクトも強いので、ジャケットはあえてジャストサイズを選んでメリハリを出しました」。

古着のファティーグパンツなど、普段からミリタリー系のアイテムと合わせることが多いとか。

「それでも自分的にはジャケットはこれくらいのサイジングとシルエットがベストですね」

【着用したブレザー】SOUTHWICK

サウスウィックの定番アイテム、ケンブリッジ。「最近はボックスシルエットが多いなか、昔から変わらない少しタイトなシルエットが改めて新鮮」。99000(シップス銀座店TEL03-3564-5547)

USアーミーのカーゴパンツに、パッチワークでアクセントをプラスした1本。「シルエットもリサイズされ、テーパードになっているので、ジャケットにも合わせやすいです」
ほどよくミリタリーの匂いがあるニューバランスの992をセレクト。「パンツが派手なので、シューズはシンプルに。でもブラックは重いから、グレーがちょうどいいかなと」
古着店で入手したデットストックのミリタリーベストは、 両サイドがベルトループになったプルオーバータイプ。「タイドアップのハズしとして取り入れてみました」

ネクタイ15400/サウスウィック(シップス 銀座店)、ミリタリーベスト/フレンチアーミー、BDシャツ/ギットマン ブラザーズ ビンテージ、カーゴパンツ/アトリエ リペア、シューズ/ニューバランス

2.「GMT」プレス・ミウラシュランさん

シューズのインポーターであるGMTのプレス。雑誌「2nd」巻末の連載「無礼講酒場」の主催としてもお馴染み。古着からドレスまで幅広く精通

「大人になってからこの組み合わせをほぼしていなかったので、今季はトライしてみようかな? って気分です」というのはご存知GMTのプレスであり、2nd巻末でも連載を持つ三浦さん。スタンダードなスタイルだが、いままで軍パンとブレザーのコンビは避けていたという。

「学生時代に紺ブレ+軍パンの大波があったんです。だから学生の頃にやり尽くした格好っていうのと学生がする格好という二つの方向からの学生という制限がかかってしまって……()。でもまたこうして合わせたくなるってことは、それがトラッドということなんだろうなって思います」

【着用したブレザー】SCYE BASICS × Burnish

2018年にバーニッシュが10周年を迎えた時に作ったというアニバーサリーモデルとなるジャケット。起毛感のある肉厚メルトンを使っており、ダブルブレストのデザインと相まって大人の重厚感を見せる。

サイドに配された大きなカーゴポケットが特徴のジャングルファティーグ。こちらはリップストップ生地のタイプなので4th以降のモデルと推測される。古着市場でも人気
シューズはトリッカーズのルームシューズタイプを一足である「チャーチル」をセレクト。ベルベットとメルトンの素材感がリンクする、ファブリックコーデも流石の一言だ
ジャケットに合わせてラグジュアリーなスクエアシェイプの腕時計「バスキュラント」を袖口からチラリ。カルティエらしいオーセンティックな意匠がスタイルのアクセント

シューズ55000/トリッカーズ(GMT)、パンツ/ Vintage、スウェット/ Vintage、時計/カルティエ(以上すべて本人私物)

3.「古着屋JAM」代表・福嶋政憲さん

2007年に古着屋JAMを立ち上げ、 現在は直営店が全国12店舗に拡大。EC販売にも積極的で昨今の古着ブームを牽引する存在

古着の紺ブレはサイズの合うものがなかなか見つかりにくく、ジャストサイズの着こなしが難しい。あえて少し大き目なモノをチョイスし、それを全体のバランスで上手にまとめた。

「古着のブレザーは着丈が長いものが多いので、ミリタリーチノやM-65などの軍モノのボトムスと合わせてゆったりとしたシルエットで着用することが多いです。ただし、だらしなく見えないようにタイドアップをしたり、色をある程度まとめる等は必ず意識しています。古着屋らしく、ちょっとした商談の場ではこのスタイルですね」

【着用したブレザー】Vintage

「タグが付いていないので詳細が不明なのですが、1980年代頃のブレザーだと思われます。肩は丁度良いのですが着丈がやや長いので、ボタンは締めずにラフに羽織って着用することが多いです」

靴と合わせるのが定番のベルトはレザーではなく、あえてリボンベルトを選択。「足元の土臭さを軽くする意味でも、このようなチープなベルトはよく着用します」
袖からは存在感のあるシルバーが顔をのぞかせる。「コーディネイトはあまり気にせず、ほとんどいつもこのセットを付けています。自分にとってのお守り的な存在ですね」
美しい履き皴が刻まれたオールデンのチャッカ。「裾幅のボリュームがあるパンツにも合わせやすいので重宝しています。ソックスとボトムのグラデーションも好きです」

シャツ/ポロ ラルフ ローレン、ネクタイ/ Unknown、パンツ/ナイジェルケーボン、ベルト/ Unknown、シューズ/オールデン、バッグ/ L.L. ビーン、時計/ロレックス、ブレスレット/エルメス(以上すべて本人私物)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 202212月号 Vol.189」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア