業界人のこだわり愛用靴とは?「ワールド フット ウェアギャラリー」ディレクター・日髙竜介さんの至極の4足。

トラッドな服好きたちには、決まって革靴愛の強い人が多い。まるで我が子を愛するかのようにそれぞれの革靴に名前をつけて……、とまではいかないが、所有する靴ひとつひとつにストーリーがあって愛着を持って育てているということには間違いない。ここでは、彼らの膨大なコレクションのなかから、とっておきの4足を厳選。今回は、「ワールド フット ウェアギャラリー」ディレクター・日髙竜介さんの愛用靴を拝見!

駆け出しの自分を高めてくれた、思い出のホワイトレザー。

ジャケット/ ユーズド、シャツ/ブルックスブラザーズ、パンツ/インコテックス

学ランにプレーントゥを合わせていたほど、少年時代から革靴の魅力にハマっていました。それでこの業界に入って今年で25年経つわけですが……、この別注シューズには特に思い入れがあります。

グレンソン×ワールドフットウェアギャラリー|こちらの木型は私がカスタムしたものです。それが評判を呼びメディアにも取り上げていただきました。真のプロになれたのはこのおかげですね

購入は25年前。ホワイトのコンビネーションデザインが特徴でしたが、どうしてもヌバックの質感を表現したくて表革をヤスリで削り、白のチョークで色を重ねたんです。すると、お客さんやメディアの方々からお誉めいただいた。そのおかげで、自信や人脈などを培うことができたんです。今もチョークをかける度に思い出が蘇る、やはり特別な一足ですね。

【ルーキーに勧めたい一足】オリエンタル

ジャパンブランドが作るこちらのシングルモンクは、ローファーだから着脱が容易です。そのうえ品良く見える。全天候対応のラバーソールも、普段使いにはちょうどいいですね。

【ここぞという時の一足】風雅心

この継ぎ目が一切ないデザインはもう職人技の極みですね。一見、ただのプレーントゥに見えますけど非常に珍しい作りです。目の肥えた人が集まるパーティなどで重宝しますね。

【最古参の一足】オールデン×ワールドフットウェアギャラリー

こちらのローファーは、25年前にお店で別注したモデルです。当時、カーフの素晴らしさを先輩から説かれ、入社してすぐに買いましたね。やはりこの革のツヤ感は最高です。

断然革靴派な皆さんの靴選び、コレクションを拝見すると、次なる一足への欲望がふつふつとわいてくるはず。ぜひ参考に、出会いを求めて街へと出かけてみてがいかがでしょうか?

(出典/「断然革靴派 2nd 20224月号増刊」)