ヤングタイマーなクルマに乗ろう!【トヨタ ハイラックスサーフ ’96年式】

ヤングタイマー=幼少期にいつか乗ってみたいと憧れたちょっとだけ旧いクルマ。スタイルにこだわりながらまだまだ快適に走れる業界人の愛車をご紹介します!

今回のクルマのオーナーはこの方! アパレル営業/辻和宏さん(42)

アパレル営業の辻和宏さんの愛車は、96年式のTOYOTA HILUX SURF。排気量2,700cc、マイレージ120,000km。お気に入りのドライブミュージックは、Red Hot Chili Peppers。いつか行きたいドライブスポットは、北海道。先代のクルマはニッサン キューブ。

街でも山でも海でも活躍してくれる頼れる愛車。

トヨタと日野による共同開発で1980年代に登場した大型SUV車ハイラックスサーフ。デビューから数えて3代目のN180系と呼ばれるサーフを愛車にするのは、サーフィンやキャンプなど、アウトドアアクティビティを趣味とする辻さん。購入は5年ほど前。専門店にてバイオーダーし、オールペンなどカスタムを施したとっておきの1台。

「街でランクル70が走っているのを見て以来、憧れていたんですけど、中古市場でコンディションの良い個体に出会わなくて。そこで専門店に相談し、買い付けてもらって、ランクル70の純正ボディカラーにオールペンしてもらいました。ボディカラーはもちろん、ライト周りやヤキマのルーフラックなどにもこだわりました。また当時の年代に合わせたグラント社製ウッドハンドルもお気に入りです。大きなボディにしては小回りも効きますし、街での運転から長距離の移動までも苦ではないですね」

’96年式 TOYOTA HILUX SURFのディテールを拝見!

キャンプ時など、大型の荷物を載せるために便利なルーフラックはヤキマのもの。

乗降時に便利な フットステップは、純正のパーツに比べて、スマートなサイズへと変更。

なんといっても大容量のラゲッジスペースは、サーフボードやキャンプ道具を積むのに充分な容量が備わっており、ウィンドウのみの開閉でアクセスできるのはサーフの利点。

(出典/「2nd 2022年4月号 Vol.181」)