100 円ショップで購入できる“スノコ”でストック棚をDIY!

最終更新日 2021.10.21 公開日 2021.09.08

今回作るのはスノコを使ったストック棚。ちょっとしたスペースや空間を有効活用して収納力をアップさせたいときにとても便利だ。

スノコは元々は滑り防止のために風呂場の床に敷いたり、通気性のよさから押し入れの床に敷いて収納物のカビ予防に使われることが多い。最近ではその特性を活かしたスノコベッドも人気。一方でDIYの定番アイテムでもあり、今回使う小型タイプのスノコであれば100円ショップでも販売しているので手に入りやすい。構造上、組み合わせ次第で様々な用途に活用できるので、今回のような棚づくりには最適な素材なのだ。

  • 【仕様】
    ■サイズ/約W413×H400×D250㎜
    ■所要時間/約2時間30分
    ■材料費目安/約3000円(購入先によって金額は変わります)
    ■難易度/★☆☆☆☆

制作のポイントは、小型のスノコを使うので、板が薄く釘が使えないため木工用ボンドで固定する。そのため組み立てるときにぐらついてしまうので、例えば片側のサイドを壁に押さえつけながら組み立てるとよいだろう。

【今回教えてくれた先生は……】
DIYer(s) http://diyers.co.jp
DIYに特化したWEBサービス「DIYer (s)」。ショップの紹介やオリジナルDIYレシピを世界に発信&アーカイブしている。またDIYを通して暮らしを豊かにし、モノの価値を見直すことを提案。

まずは、準備するものをご紹介。

スノコ

今回はキッチンにも置けるコンパクトな3段棚を制作。スノコのサイズはW400×H250㎜のもので、5枚使用する。約500円

木工用ボンド

スノコの組立には釘などは一切使用せず、木工用ボンドで接着。ボンドが乾き接着するまで、しっかりと棚を固定するのがポイント。約120円

塗料

ベースになる塗料。今回使用するのは、カラーワークスの水性塗料Hip。耐久性が高く、抗菌作用もあるのが特徴だ。ミニサイズで約1400円

アンティークメディウム

塗るだけでくすんだ味のあるアンティークのような風合いに仕上がる塗料。自然に汚れやすい角などに濃く塗ると、本物っぽくなる。約900円

この他、ペイントする際に必要となるハケ、スポンジ、ウエスなどを用意しておこう。

早速やってみよう! 釘や工具は一切使わないから子どもでも作れる!

1.スノコにペイントする。

まずスノコにベースになる塗料を塗る。スポンジで押さえつけるようにポンポンと塗ることで角が立ち、もったりとした仕上がりに。

2.アンティークメディウムを薄く塗る。

塗料が乾いたら、その上からアンティークメディウムを薄く塗る。

角や縁を少し濃いめに塗ると、よりヴィンテージ感のある仕上がりになる。

3.組み立てる。

スノコを組み立てる。1枚のスノコの両端に木工用ボンドを伸ばすように塗る。底面だけでなく側面に塗るのも忘れずに。

柱になるスノコは突起がある方を内側にして、その突起部分にボンドを塗ったスノコを置くようにしてセット。

ボンドが乾くまで固定。

同様に2段目、天板も固定していく。

ボンドが乾くまでグラつくので、重量のある箱でサイドから挟み込んたり、棚に重りを乗せると固定できる。

4.最後にスタンプをしてアレンジ。

スタンプやステンシルなどでアレンジを加えてみるものおすすめ。

完成!

しっかりと組んで固定することで耐久性が生まれる。ストック棚としては十分な仕上がり。いくつか作って収納内の整理に使うのもおすすめだ。

(出典/「Lightning 2019年12月号 Vol.308」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。