昨今最も価格高騰したロレックスのスポーツモデル筆頭。|1971 ROLEX Ref.1655 EXPLORER II (Mk.I / Mk.I)

欲しいモデルを挙げたらキリがないヴィンテージウォッチ。モデルによってはその市場価格が急上昇する場合もあり、最近では世界的に投機の対象にもなっている。そんなヴィンテージウォッチの中から、我々がいま欲しいと思うモデルや市場で注目されているモデルをここで紹介する。

1971 ROLEX Ref.1655 EXPLORER II (Mk.I / Mk.I)

1971 ROLEX Ref.1655 Mk.I Dial / Mk.I Bezel ¥3,700,000_

ROLEXのスポーツモデルは、最初期仕様が値上がりするのが定石。社風なのだろうか。ROLEXは、改良しながら販売を続ける“ランニングチェンジ”を各モデルで実施してきた歴史がある。

このエクスプローラー2もご多分に漏れず、マーク1ダイアル、マーク1ベゼルの組み合わせは、発売された1971年~1972年の最初期仕様。1972年にはマーク2ベゼルが登場するため、わずか1年数ヶ月程度の販売期間だった。ここ1年、価格変動が鈍かったこのモデルが急騰し、最初期モデルは状態が良ければ400万台後半に。その希少性が再評価されている。

現在の相場はマーク1 /マーク1の組み合わせが400万台後半だが、ダイアルのコンディションを考慮してこのプライスに。ストレート針やリューズガードの形状も初期モデルならではの意匠で、コアなファンから人気を集めている。マーク1ダイアルは小振りな王冠マーク、マーク1ベゼルは数字が全体的に中央寄りなのが特徴。特にこのマーク1ベゼルが希少なのだ。

【DATA】
CROWN MANIAX TOKYO
東京都港区南青山5-17-13
Tel.03-6260-9913
営業/月~金 アポイント制、土日 1:00~19:00
http://crownmaniax.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「CLUTCH2022年2月号 Vol.83」)