1世紀前のディテールがメイド・イン・ジャパンで復活!A . G . スポルディング&ブロスのスウェットに注目!

    #PR

技術の進歩とともに改良を繰り返したアスレチックウエア。コットン素材のスウェットも1920~’50年代頃は、伸縮性や吸水性に秀でた素材としてスポーツシーンで重宝されていた。なかでも最初期のメーカーとして認知されるのが「A.G.スポルディング&ブロス」だ。

歴史ある「A.G.スポルディング&ブロス」のスウェットが日本で復活。

サイドラインパーカの100年前のアーカイブ(左)と現行プロダクト(右)

「A.G.スポルディング&ブロス」は世界で初めて野球やアメフトなどのボールを作ったことでも有名な1876年アメリカ発のブランドだが、スウェット生地を使ったウエアの歴史も旧く、’24年にはカタログに初掲載、’32年のロサンゼルス五輪ではアメリカ代表選手が着用するなど、輝かしい歴史を持つパイオニア的存在である。古着市場ではアーカイブピースが非常に高値で取引されていることでも知られる。

この歴史ある、愛好家から高く評価されているスウェットが、この度待望の復活を果たしたことをご存じだろうか? しかも、メイド・イン・ジャパンで復活と聞けば、ファッションフリークでなくとも気になるはず。

メイド・イン・ジャパンを支える旧式織機

使うのは、世界的に貴重となってしまった日本の和歌山県にしか現存・稼働していない旧式の吊編み機で織られた吊裏毛素材。これを使い、100年前に実在したオリジナルディティールを再現しつつも、今のライフスタイルにフィットするプロダクトとして甦らしている。

旧式織機でゆっくりと織ることで生まれる、極上の肌触りと保温性を兼ね備えた吊裏毛

その独創的なデザインと、洗濯する度にふっくら感が蘇る極上の吊裏毛は、まさに時代を超えたタイムレスな物だと感じることが出来るはずだ。

20FWからネットショップでも購入可能に! 注目のラインナップはこちら。

「A.G.スポルディング&ブロス」は、2020年の秋冬から自社ECサイトをオープンさせ、ネットでの購入も可能となっている。昨今の情勢により外出は控えたいけれどショッピングを楽しみたい! という人には嬉しいところ。注目すべきラインナップに、どんなアイテムが揃っているのか紹介していこう。

1.SIDE-LINE PARKA (サイドラインパーカ)|1930年代に存在した、ブランドのアイコン。

SIDE-LINE PARKA(トップグレー、チャコールグレー、ブラック、ホワイト、ホワイト×グレー、ブラック×グレー)¥36,300

ネーミングは、サイドライン際で待機する選手たちを寒さから守るための、今で言うベンチウォーマー的アイテムだったことに由来する。保温性の高いダブルフェイス(生地2枚合わせ)で、ハンドウォーマーポケットはボクシンググローブ型というオリジナリティーあふれるディティール。

繊細な指先の感覚が重要となる球技に深く携わっている「A.G.スポルディング」らしい発想で、防寒性も抜群だ。デザインはそのままにシングル仕立てにしたサイドラインパーカもラインナップしている(¥27,500)。

サイズやカラバリなど詳細はこちら

2.TRAINING SHIRTS(トレーニングシャツ)|特徴的なディテールが満載!

TRAINING SHIRTS(ホワイト、トップグレー、ブラック)¥22,000

一見、1950年代以前に主流だった両Vスウェットだが、実は袖リブのデザインにA.G.スポルディングらしさが詰まっている。

これはスウェットがウールからコットンに置き換わった、1920年代に発売されたデザインが原型。首元のガゼットのように、V字に切り込まれた形状の変形袖リブ(ガゼットスリーブ)は、リブの伸縮性が乏しかった黎明期に創意工夫を凝らして編み出された機能美と言えるデザインだ。

サイズやカラバリなど詳細はこちら

3.FOOTBALL SWEAT(フットボールスウェット)|ウールからコットン素材へ、アップデート!

FOOTBALL SWEAT(ホワイト、トップグレー、チャコールグレー、ブラック)¥22,000

スポーツウエアの市場に進出した1900年代初頭のカタログを見ると、原点となった野球やアメフトなどの球技に特化していたことがわかる。こちらは、当時ウールで製造されていたものを、着やすいようにコットン素材でアップデートしたフットボールスウェット。

ショルダーのフライスと脇下のガゼットは、当時の生産背景や限られた手法の中で、高い運動性を求めた結果のデザインと言える。

サイズやカラバリなど詳細はこちら

全ラインナップはこちらから

カジュアルになりがちなスウェットだが、こんなこだわりが詰まったスウェットなら普段着を格上げしてくれるはず。また、旧式の吊編み機で空気を含ませつつ編まれることで生まれる温かさやふっくら感は、在宅時間が多くなっている今、自宅で快適に過ごすことができるウエアとしてもおすすめだ。

【問い合わせ先】
スタンレーインターナショナル
03-3760-6088
http://agspalding.co.jp/
Instagram https://www.instagram.com/a.g.spalding/
Online-store https://agspaldingandbros.com/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア