’70sスタイルのヘルメットを現代で再現したモデルが気分。

  • 2024.06.21

ヴィンテージバイク乗りならば、愛車の雰囲気に合わせたヘルメットを使いたい。とはいえカスタムペイントはハードルが高いし、ヴィンテージヘルメットは安全性も心配。そんな人にオススメしたいのがTT&Co.のヴィンテージスタイルなヘルメットだ!

安全性も問題なしのヴィンテージスタイルヘルメット。

バイクに乗るなら、ギアにもこだわりたい。そんなバイクギアの中で大きなウエイトを占めているのがヘルメットだ。ショーバイクなどでは愛車とともにカスタムペイントを施すケースも多く、愛車との雰囲気をマッチさせるのは重要だ。

ティーティー&カンパニーのヘルメットは、日本のSG規格やアメリカのDOT規格に適合しつつ、スリムで小ぶりなシルエットが魅力のヘルメット。さらに職人によるハンドペイントやエイジドレザーを使用したオンリーワンシリーズをはじめとした豊富なグラフィックをチョイスできるのも大きな魅力。愛車のボディカラーや雰囲気に合わせたチョイスが可能だ。

そんな豊富なラインナップの中から今回紹介するのは、70年代のハーレーのガスタンクの雰囲気をオマージュしたレインボーとセブンティーズラインと呼ばれるシリーズだ。ハーレーであればショベルヘッドの時代にジャストでマッチするデザインとなる。

帽体は「スーパーマグナム」と呼ばれるジェットヘルメットと「トゥーカッターSG/DOT」と呼ばれるフルフェイスの二種類。スーパーマグナムはジェットヘルメットの名作、ベル500‒TXをオマージュしたもので、トゥーカッターは、’60年代のヴィンテージフルフェイスをモチーフに乗用車規格内で最もコンパクトなボディを実現。いずれもヴィンテージバイクによく似合う。

ジェットヘルメットの名作をオマージュ。

(右上から時計回りに)レインボー オールドゴールド 2万900円、セブンティーズライン ヴィンテージブルー 2万900円、セブンティーズライン オールドゴールド 2万900円、レインボー ヴィンテージブルー 2万900円

BELL社が’50年代に開発したレース用のジェットヘルメット「500-TX」をオマージュしつつ、現代の安全基準をしっかりとクリアしたSUPER MAGNUMシリーズ。デザインは様々あるが、中でも’70年代スタイルの「レインボー」と「セブンティーズライン」は人気が高い。

クラシカルで小ぶりなシルエットながら、背面には国内の安全基準であるSG規格とアメリカのDOT規格をパスしていることを表すステッカーが備わっている
インナーは取り外し可能で洗濯が可能な作りとなっている

ヴィンテージバイクにもよく似合うレトロなフルフェイス。

(右上から時計回りに)セブンティーズライン ヴィンテージブルー 3万800円、レインボー レッド 3万800円、レインボー ヴィンテージブルー 3万800円、セブンティーズライン オールドゴールド 3万800円

ゴツくなりがちなフルフェイスを試行錯誤の末、乗用車規格内では最小のボディを実現。’60年代に流行したスタイルと、現代の安全規格クリアを両立したヴィンテージスタイルフルフェイスの決定版。当然’70sな雰囲気にもよく似合う!

そのままでもスタイリッシュだが、付属の専用のバイザーを装着することで雰囲気が変わる。他にも専用のゴーグルをつけるのも相性抜群だ
右側面にはTT&CO. TOKYOの文字が浮き彫りで入れられている

【問い合わせ】
TT&COMPANY
TEL03-6638-8698
https://www.ttandco.com/

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2024年7月号 Vol.363」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部