2nd編集部の尽きない物欲で購入した、今月のイッピンを紹介!

  • 2024.06.23

いろいろな場所に取材へ行って、魅力的なものに囲まれていると、どんどん財布の紐は緩くなっていくもの。今月も、2ndスタッフが物欲の赴くままに大満足で手に入れたものをお見せします!

1.「エラシオ」のポロシャツ|編集長・ウエダ

まずこの色に惹かれました。ヴィンテージスウェットなら、“ナス紺”カラー。ポロシャツでなかなかないでしょ。しかもフランス製。いまも自社工場でメゾンブランドの生産などを請け負っている希少な仏ブランドです。もちろん着た感じも緩めのモダンフィッティングでやや厚手の生地がちょうどいい。猫目ボタンなのも古着好きのハートをくすぐります。1万7600円(八木通商TEL03-6809-1718)

2.「ユニバーサルオーバーオール」のデニムパンツ|副編集長・パピーたかの

デニム特集を作れば、やはりデニムが欲しくなる。「ユニバーサルオーバーオール」から、アーカイブを甦らせるヘリテージラインが始まると聞いて、倹約中にも関わらず買ってしまいました。正直いままでのブランドイメージからすると、意外なほどこだわっていて。もっと手の込んだやつは8万くらいするんですが、さすがに倹約中なんで、ネ。2万6400円(ドリームワークスTEL03-6447-2470)

3.「アヤメ」のアイウエア|編集・なまため

人生において1.5という数値を下回ったことがないことと、なんか似合わないと周りから言われ続けた結果、敬遠し続けてきたメガネをとうとう買ってしまいました。パピーさんに連れて行ってもらった渋谷のガファスで色々なメガネを掛けさせてもらい、悩みに悩んで決めたのが「アヤメ」のサーモント型。意外と初心者向けな形だって知ってました? 4万7300円(G.B.ガファスTEL03-6427-6989)

4.「エンジニアド ガーメンツ」のブレザー|スタイリスト・吉村祥吾さん

「エンジニアド ガーメンツ」のジャケットは堅苦しさがなく、デイリーに使いやすくて大好き。アメトラらしい正統派なブレザーも良いですが、カーディガン感覚で使える紺ブレをずっと探していて、ようやく出会えました。目の粗いホップサックの素材感やドロップショルダーなど、カットソーの上からガバっと羽織れるラフさが最高! 7万8100円(エンジニアド ガーメンツTEL03-6419-1798)

5.「パオロ アルビザッティ」のスカーフ|みなみ188

今号のスナップ企画で様々な方の取材をさせていただき、気になったのは首元でコーディネイトのアクセントとなるスカーフ。カジュアルなスタイルも一気に上品にしてくれる程よい存在感に、自分も巻いてみたいと思うようになりました。そんななか、ファイブワンで好みの柄を発見! 馬の入った柄を見ると何故か欲しくなっちゃうんです。1万1000円(ファイブワン 銀座本店TEL03-6263-0688)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2024年6月号 Vol.205」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部